獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 同工異曲 櫻no.500套曲

<<   作成日時 : 2012/04/11 15:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 曲には曲譜を単独で用いる「小令」、二・三個の「曲譜」を繋げて一篇とする「帶過曲」、四個以上10前後までの「曲譜」を連ねる「套曲」がある。

 「小令」「帶過曲」は平仄両用の押韻や襯字など曲ならではの詩法に「詞」とは異なる特徴があるとしても、長短句を連ねる詩として、おおまかにみれば「詞」と大差がない。
 しかし、「套曲」は、小曲譜を連ねて大作とする点で大いに「詞」とは異なっており、細かいルールがあるにしても、定型詩を連ねて一編の自由詩とする観がある。

 さて、その「套曲」、私はこれまでに一作しか作っていない。
 それは、私の力が、平仄両用の押韻はともかく、襯字や對仗の形式美など曲ならではの詩法を十分に活用できるまでに到っていないからだが、一方に詞の豊饒の海があるわけだから、敢えて「套曲」作りの困難に立ち向かうこともない、と思っている。
 日本では、絶句や律詩を作る者はいても、詞を作る者はきわめて稀、「曲」はもっと稀、「曲」の平仄両用の押韻に耐えられる漢詩人は、日本には滅多にいない。
 そこで、「套曲」にいったては、おそらくは私が「套曲」を作った最初の日本人で、最後の日本人となるのだろうと思う。

      [黄鐘]醉花陰・春賞櫻雲   2012.04.11 -0817 no.500

  曳杖尋幽上坡壟,嘆賞櫻雲盛涌。艷雪舞柔風,恰似胡蝶,振翅飄飛影。石磴更登登,遠望春光連翠嶺。
 [喜遷鶯] 關關清哢,領山河、正是黄鶯。飛聲,誘人佳景,目下浮光碧浪明。湖水横,金烏張翼,普照安寧。
 [出隊子] 繽紛花徑,仙娥茅店迎。絳唇含笑對樗翁,白首游魂抱酒瓶,朱臉追懷數舊功。
 [刮地風] 曾有雄圖騎大鵬,白面晋京城。頻迷吏道游邊境,紅友作詩朋。杯中香夢,筆頭霞洞。作鬼工,耐品評,巧排聲病。交繆斯,從性靈,睹物興情。
 [四門子] 青春逞志憂國政,冩諫書、表忠誠。金秋却老爲傳令,跨青巒、化蒼鷹。一巡處,萬里程。辛勤累年如久行,霜髪長,額皺増。欲挂冠,歸山解酲。
 [古水仙子] 晩烏啼、午睡醒,日落西天輝煥炳。先啜殘杯,不磨古墨,信口七絶得善終。聳吟肩、新舊折衷,尋章摘句堪諷詠。仰看銀兎懸圓鏡,止宿月光中。

  杖を曳いて幽を尋ね坡壟に上り,
  嘆賞す 櫻雲の盛んに涌きたるを。
  艷雪 柔らかき風に舞ひ,
  恰も似る 胡蝶の,
  翅を振ひ 飛影を飃へすに。
  石磴 更に登り登り,
  遠望す 春光の翠嶺に連なるを。
[喜遷鶯]
  關關と清らかに哢り,
  山河を領するは、正に是れ黄鶯なり。
  聲を飛ばし,
  人を佳景に誘ひ,
  目下には光を浮かべ碧浪 明らかなり。
  湖水 横たはり,
  金烏 翼を張り,
  普く 安寧を照らす。
[出隊子]
  繽紛たる花徑,
  仙娥 茅店に迎ふ。
  絳唇 笑みを含んで樗翁に対し,
  白首 魂を遊ばせて酒瓶を抱き,
  朱臉 追懷 舊功を數ふ。
[刮地風]
  曾てあり 雄圖 大鵬に騎り,
  白面 京城へ晋(すす)む。
  頻りに吏道に迷ひて邊境に游べば,
  紅友(酒)詩朋となる。
  杯中の香夢,
  筆頭の霞洞。
  鬼工を作れば,
  品評に耐へ,
  巧みに聲病を排す。
  繆斯(みゅーず)と交わるに,
  性靈に從ひ,
  物を睹(み)れば情を興す。
[四門子]
  青春 志を逞しくして國政を憂ひ,
  諫書を冩(か)き、忠誠を表す。
  金秋 老を却(しりぞ)けて傳令となり,
  青巒を跨ぎ、蒼鷹と化(な)る。
  一巡する處,
  萬里の程。
  辛勤 累年 久しく行くが如く,
  霜髪 長じ,
  額の皺を増す。
  冠を挂け,
  山に歸り酲(悪酔い)を解かんとす。
[古水仙子]
  晩烏 啼き、午睡 醒め,
  日は西天に落ちて輝くこと煥炳たり。
  先ず殘杯を啜れば,
  古墨を磨かずも,
  口に信(まか)せし七絶 善終を得たり。
  吟肩を聳やかし、新舊を折衷し,
  章を尋ね句を摘めば諷詠するに堪ふ。
  仰ぎ看れば銀兎 圓鏡を懸け,
  止宿するは月光の中。


 [黄鐘]醉花陰 曲譜・39字
  ▲●○○●○上,▲●○○●上。▲●●○平,▲●○○(平),▲●○○上。▲●●○平,▲●○○○去上。
 [黄鐘]喜遷鶯 曲譜・35字
  ○○○仄,●△○、▲●○平。○平,●○○●(仄),▲●○○●●平。○●平(上),○○▲●,●●○平。
 [黄鐘]出隊子 曲譜・30字
  △○○仄,△○○●○(平上)。△○▲●●○平,▲●○○△●(平上),▲●○○△●(上平)。
 [黄鐘]刮地風 曲譜・50字
  ▲●○○△●平(上),▲●○平。△○▲●○○仄,▲●○平。▲○△●(仄),▲○○仄。▲●○(平上),▲●○(平),△○▲仄。▲△○,▲●平(上),▲●○平。
 [黄鐘]四門子 曲譜・52字
  △○▲●○○仄,●△△、●▲平(上)。△○▲●○○仄,●△△、▲▲平(上)。▲△△,▲▲平(上)。▲○●○○●平(上),▲▲○,▲▲平(上)。●△△、○○●上(平)。
 [黄鐘]古水仙子・54字
  ●○△、●●平(上),▲●○○▲●平(上)。▲●○○,△○●●,▲●○○▲●平。●○○、▲●○平,△○▲●○●平(上),△○▲●○○仄,▲●●○平。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
同工異曲 櫻no.500套曲 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる