獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 同工異曲 櫻no.633〜637

<<   作成日時 : 2012/04/30 21:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 桜前線、弘前にまで達したようだ。私の同工異曲「春賞櫻雲」の集中製作も、
そろそろ幕を降ろさなければならないか。
 とはいえ、ここまで作れば、いっそ『欽定詞譜』掲載のすべての詞譜を踏破してみたい思いに駆られる。
 『欽定詞譜』掲載の詞譜の四分の一には達したが、三分の一には達していないからだ。
 千島の桜、また南半球の桜を思えば、一年中、桜を詠んで何が悪いか。
 日本の春だけが、世界の春ではない。

 しかし、残りの三分の二強はぼちぼち詠み進む。
 きょうは、『欽定詞譜』八百餘調のうちの一、『如夢令』2〜7を詠み、ケリを付けた。
 なお、『如夢令』1は4月10日に詠んでいる。

      如夢令・春賞櫻雲      2012.04.30 -0977 no.637

  晩境絶無世務,罹患烟霞癈痼。曳杖探濃春,幽討櫻雲流處。花舞,花舞,滿目蝶飛無數。
  茅店青娥見素,笑賣濁醪如乳。白首買朱顔,乘興游魂裁賦。鸚鵡,鸚鵡,摘句擬唐温故。

  晩境 絶へて世務なく,
  罹患す 烟霞の癈痼。
  杖を曳いて濃春を探り,
  幽討す 櫻雲の流るるところ。
  花は舞ひ,
  花は舞ひ,
  目をみたして 蝶飛び無數。

  茅店の青娥 素を見(あらわ)し,
  笑って賣る 濁醪の乳のごときを。
  白首 朱顔を買い,
  興に乗り魂を遊ばして賦を裁す。
  鸚鵡,
  鸚鵡,
  句を摘んで唐に擬し故きを温む。

 如夢令6 詞譜・66字
  △●▲○●仄,●●△○△仄。△●▲○○,△●▲○○仄。○仄,○仄疊,△●○○▲仄。
  ▲●○○●仄,△●○○○仄。○●●○○,▲●▲○▲仄。○仄,○仄疊,△●●○▲仄。


      如夢令・春賞櫻雲      2012.04.30 -0974 no.633

  悦耳老鶯清哢,滿目櫻雲盛涌。野店見青娥,賣酒白頭天縱,脱蛹,入夢,朱臉醉游霞洞。

 如夢令2 詞・33字
  ●●●○○仄,●●○○●仄。●●●○○,●●○○○仄。○仄,●仄,○●●○○仄。


      如夢令・春賞櫻雲      2012.04.30 -0975 no.634

  春晝景光堪賞,河岸櫻花怒放。茅店見青娥,含笑勸傾佳釀。酣暢,舒暢,醉客暫逃塵網。

 如夢令3 詞・33字
  ○●●○○仄,○●○○●仄。○●●○○,○●●○○仄。○仄,○仄,●●●○○仄。


      如夢令・春賞櫻雲      2012.04.30 -0976 no.635

  曳杖櫻雲流處,滿目雪花亂舞。疑是夢蝶群,振翅將逃樂土。將逃樂土,詩客游魂裁賦。

 如夢令4 詞・33字
  ●●○○○仄,●●●○●仄,○●●○○,●●○○●仄。○○●仄疊。○●○○○仄。


      如夢令・春賞櫻雲      2012.04.30 -0977 no.636

  風光堪賞盛春,湖邊滿目櫻雲。茅店翠娥賣,緑醪涌溢金樽。游魂,游魂,醉探季語醺醺。

 如夢令5 詞・33字
  ○○○●●平,○○●●○平。○●●○●,●○●●○平。○平,○平疊,●●●●○平。


      如夢令・春賞櫻雲      2012.04.10 -0813 no.496

  滿目櫻雲山涌,悦耳黄鶯春哢。青眼賣村醪,白首醉游香夢。霞洞,霞洞,酒量自從天縱。
                (中華新韵十一庚仄声の押韻)
  目を満たして櫻雲 山に涌き,
  耳を悦ばす黄鶯 春に哢る。
  青眼 村醪を売り,
  白首 醉って香夢に游ぶ。
  霞洞,
  霞洞,
  酒量は自ずから從天縱に從ふ。

 如夢令1 詞譜・33字
  ▲●△○○仄,▲●△○○仄。△●●○○,▲●△○○仄。○仄。○仄疊。▲●△○○仄。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
同工異曲 櫻no.633〜637 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる