獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 廉売の季題に託す常套句

<<   作成日時 : 2012/05/21 21:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今年は同工異曲「櫻」にかまけ、律詩・絶句をあまり詠んでいない。
 今年1111首目のマイルストーンは、今年二首目の律詩。

      七律・回山轉海驚龍虎    2012.05.21 -1111

  老作俳人如甦生,尋幽千里跨西東。花間浮想傾金盞,月下醉魂游紫宮。
  ●●○○●●平,○○○●●○平。○○○●○○●,●●●○○●平。
  揮筆回山驚酒虎,舞文轉海醒詩龍。自然廉賣季題處,何不搖唇吟句工?
  ○●○○○●●,●○●●●○平。●○○●●○●,○●○○○●平。
                   (中華新韵十一庚平声の押韻)
  老いて俳人となり甦生するごとく,
  幽を尋ねて千里 西へ東へと跨ぐ。
  花間の浮想 金盞を傾け,
  月下の醉魂 紫宮に游ぶ。
  筆を揮へば山を回して酒虎を驚かし,
  文を舞はせば海を轉じて詩龍を醒ましむ。
  自然 季題を廉賣するところ,
  何んぞ唇を揺らし句の工なるを吟ぜざらんや。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
廉売の季題に託す常套句 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる