獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 同工異曲 櫻no.2274〜no.2282

<<   作成日時 : 2013/03/26 18:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

      龍山會・春賞櫻雲      2013.03.26 -0859

  老骨身無恙,探討山河,鶴歩牽藜杖。好風拂面爽,櫻雲涌、湖畔春光堪賞。香雪似蝶群,振鱗翅、逃脱世網。竟飄零,清漣瀲瀲,玉塵漾漾。
  花間茅店青娥,笑勸白頭,緩帶傾佳釀。水村丹液養,白頭壽、美醉游魂豪放。妙想涌靈泉,得俳句、修辭適當。競金鶯、聳肩諷詠,美聲流暢。(中華新韵十唐仄声の押韻)

  老骨 身は恙なく,
  山河を探討し,
  鶴歩 藜杖を牽く。
  好風 面を拂って爽やかに,
  櫻雲涌いて、湖畔の春光 賞するに堪ふ。
  香雪 似たり 蝶群の,
  鱗翅を振ひ、世網より逃脱するに。
  ついには飄零し,
  清漣 瀲瀲として,
  玉塵 漾漾たり。

  花間の茅店の青娥,
  笑って白頭に勸む,
  帶を緩め佳釀を傾けよと。
  水村の丹液養ふ,
  白頭の壽、美醉して魂を游ばせ豪放なるを。
  妙想 靈泉に涌いて,
  得たる俳句、修辭は適當。
  金鶯と競ひ、
  肩を聳やかして諷詠すれば,
  美聲 流暢なり。

 龍山會・雙調103字
  ▲●○○仄,●●○○,●●○○仄。△○○●仄,○△●,▲●○○○仄。△●●○○,●△●、○○△仄。▲○△,○○●●,▲○△仄。
  ○△△●○○,△●○○,●●○○仄。△○○●仄,▲△●、▲●▲○○仄。▲●●○○,△▲●、○○△仄。▲△△、▲○●●,●○○仄。


      龍山會・春賞櫻雲      2013.03.26 -0859 no.2282

  老骨身無恙,探討山河,鶴歩牽藜杖。好風拂面好,春爛漫、湖畔櫻雲堪仰。紅雪似蝶群,振鱗翅、逃脱世網。竟飄零,清漣瀲瀲,香塵漾漾。
  花底野店青娥,笑勸白頭,緩帶傾佳釀。水村丹液洗,白首醉、乘興游魂豪放。詩案涌靈泉,作七律、修辭適當。競金鶯、聳肩諷詠,美聲流暢。

 龍山會・雙調103字
  ●●○○仄,●●○○,●●○○仄。●○○●●,○●●、○●○○○仄。○●●○○,●○●、○○●仄。●○○,○○●●,○○●仄。
  ○●●●○○,●●○○,●●○○仄。●○○●●,○●●、○●○○○仄。○●●○○,●○●、○○●仄。●○○、●○●●,●○○仄。


      眉嫵・春賞櫻雲       2013.03.24 -0845 no.2274

  有閑肱堪枕,午睡游魂,浮舸泛天漢。幸伴嫦娥笑,濃春賞,櫻雲酣涌河岸。雪花爛漫,似舞蝶,飛倦星散。碧浪流千里,玉塵漾無算。
  神媛,紅顔豐艷,侑上清丹液,盈滿金盞。滌洗心灰醉,詩腸動,白頭得到靈感。彩霞炳煥,触景生、情緒堪嘆。競鶯語玲瓏,俳句好、放聲短。

 眉嫵・雙調103字
  ●○○○●(一四),●●○○,○●●○仄。●●○○●,○○●,○○○●○仄。●○●仄,●●○,○●○仄。●○●,●●○○●,●○●○仄。
  ○仄,○○○仄,●●○△●(一四),○●○仄。△●○○●,○○●,○○○●○仄。●○●仄,●●○、○●○仄。●○●○○(一四),○●●、●○仄。


      眉嫵・春賞櫻雲       2013.03.24 -0846 no.2275

  有閑肱堪枕,午睡游魂,浮舸泛天漢。幸伴嫦娥笑,濃春賞,櫻雲酣涌河岸。雪花爛漫,似舞蝶,飛倦星散。碧浪耀、瀲瀲流千里,玉塵漾無算。
  天女紅顔豐艷,侑上清緑酒,盈滿金盞。洗淨心灰醉,詩腸動,白頭得到靈感。彩霞炳煥,触景生、情緒堪嘆。競鶯語玲瓏,俳句好、放聲短。

 眉嫵・雙調103字
  ●○○○●(一四),●●○○,○●●○仄。●●○○●,○○●,○○○●○仄。●○●仄,●●○、○●○仄。●○●,●●○○●,●○●○仄。
  ○●○○○仄,●●○●●(一四),○●○仄。●●○○●,○○●、○○○●○仄。●○●仄,●●○、○●○仄。●○●○○(一四),○●●、●○仄。


      眉嫵・春賞櫻雲       2013.03.24 -0847 no.2276

  有閑肱堪枕,午睡游魂,浮舸泛天漢。幸伴嫦娥笑,濃春賞,櫻雲酣涌河岸。雪花爛漫,似舞蝶,飛倦星散。碧浪流千里,玉塵漾無算。
  神媛,紅顔豐艷,侑上清丹液,盈滿金盞。暫洗滌肝膽,詩腸動,白頭得到靈感。彩霞炳煥,触景生、情緒堪嘆。競鶯語玲瓏,俳句好、放聲短。

 眉嫵・雙調103字
  ●○○○●(一四),●●○○,○●●○仄。●●○○●,○○●,○○○●○仄。●○●仄,●●○、○●○仄。●○仄,●●○○●,●○●○仄。
  ○仄,○○○仄。●●○○●(一四),○●○仄。●●○○仄(一四),○○●,○○○●○仄。●○●仄,●●○、○●○仄。●○●○○(一四),○●●,●○仄。


      湘江靜・春賞櫻雲      2013.03.24 -0848 no.2277

  曲肱堪枕天暄暖,臥游處、盛春銀漢。行舟一日,探幽萬里,伴嫦娥清婉。河岸見櫻雲,飛香雪、繽紛河岸。如蝶振翅,乘風亂舞,花滿目、碧漣泛。
  仙女頻斟緑酒,侑白頭、更傾金盞。霞漿洗淨,樗翁美醉,望夕暉炳煥。乘興試裁詩,人不顧、筆禿才短。舒情托景,搖唇欲競,黄鶯巧囀。

 湘江靜・雙調103字
  ●○○●○○仄,●○●、●○○仄。○○●●,●○●●,●○○○仄。○●●○○,○○●、○○○仄。○○●●,○○●●,○●●、●○仄。
  ○●○○●●,●○○、●○○仄。○○●●,○○●●,●○○●仄。○●●○○,○●●、●○○仄。○○●●,○○●●,○○●仄。


      金盞子・春賞櫻雲      2013.03.25 -0852 no.2277

  午枕閑肱,喜冶春香夢,臥游天漢。坐舸伴嫦娥,尋幽處,櫻雲盛流河岸。雪花亂舞翩翩,似群蝶飛倦。飄零後,輕浮碧漣搖漾,玉塵無算。
  神媛,取容艷,含笑侑,丹液滿金盞。白頭洗滌臟腑,悠然望,霞光悦目炳煥。醉乘雅興裁詩,暫揮毫隨感。押風韵、諷詠競鶯黄昏,朗朗清囀。

 金盞子・雙調103字
  ●●○○,●●○○●(一四),●○○仄。△●●○○,○○●,○△●○○仄。▲△●●○○,●○○△仄(一四)。○▲●,△△●△○▲,●○○仄。
  ○仄,●○仄,○▲●,○△●▲仄。○○▲△▲▲,○○●,○○●●▲仄。▲▲●●○○,●△○○仄(一四)。○○●、△●●▲○○,▲▲△仄。


      金盞子・春賞櫻雲      2013.03.25 -0853 no.2278

  午枕閑肱,美睡好,游魂探討天漢。浮舸伴嫦娥,尋幽處,櫻雲盛流河岸。艷雪亂舞翩翩,似群蝶飛倦。飄零後,泛泛碧漣鱗鱗,玉塵無算。
  仙女笑優婉,頻斟侑,丹液滿酒盞。白頭洗滌臟腑,悠然望,霞光悦目輝煥。醉乘雅興裁詩,暫揮毫隨感。押風韵,諷詠競鶯黄昏,朗朗清囀。

 金盞子・雙調103字
  ●●○○,●●●,○○●●○仄。○●●○○,○○●,○○●○○仄。●●●●○○,●○○●仄(一四)。○○●,●●●○○○,●○○仄。
  ○●●○仄。○●●,○●●●仄。○○●○●●,○○●,○○●●○仄。●○●●○○,●○○○仄(一四)。○○●,●●●○○○,●●○仄。


      金盞子・春賞櫻雲      2013.03.25 -0854 no.2279

  午枕閑肱,喜冶春香夢,臥游銀漢。坐舸伴嫦娥,尋幽處,櫻雲盛流河岸。乘風艷雪翩翩,似群蝶飛倦。飄零後,浮泛碧漣搖漾,玉塵無算。
  天仙笑優婉,斟丹液,盈盈滿金盞。白頭洗滌臟腑,悠然望,霞光悦目輝煥。擅雅興試裁詩,暫揮毫隨感。押清韵,高吟欲競,黄鶯巧囀。

 金盞子・雙調101字
  ●●○○,●●○○●(一四),●○○仄。●●●○○,○○●,○●●○○仄。○○●●○○,●○○○仄(一四)。○○●,○●●○○●,●○○仄。
  ○○●○仄,○○●,○○●○仄。○○●○●●,○○●,○○●●○仄。●●●●○○(一五),●○○○仄(一四)。○○●,○○●●,○○●仄。


      金盞子・春賞櫻雲      2013.03.25 -0855 no.2280

  午枕閑肱,喜冶春香夢,臥游銀漢。浮舸伴嫦娥,萬里賞櫻雲,盛流河岸。乘風艷雪翩翩,似群蝶飛倦。飄零後,輕浮碧浪鱗鱗,玉塵無算。
  美醉對天人,更笑侑霞漿盈酒盞。醺然滌洗心肝,望前路夕暉,水光輝煥。忽得妙想舒情,暫賦詩隨感。押清韵,聳肩吟競,黄鶯巧囀。

 金盞子・雙調101字,前段十一句四仄韻
  ●●○○,●●○○●(一四),●○○仄。○●●○○,●●●○○,●○○仄。○○●●○○,●○○○仄(一四)。○○●,○○●●○○,●○○仄。
  ●●●○○,●●●○○○●仄。○○○●○○,●○●○○(一四),●○○仄。○○●●○○,●●○○仄(一四)。○○●,●○○●,○○●仄。


      金盞子・春賞櫻雲      2013.03.25 -0856 no.2281

  晩境多閑,喜晴天好日,勝地濃春。好風拂面,老骸牽杖,悠悠進入櫻雲。艷雪翩翩,舞態恰似蝶群。亂墜浮湖水,香塵漾漾,碧浪鱗鱗。
  偶逢茅店佳人,賣緑酒芳醇,涌金樽。醺然傾盞乘酣興,洗淨詩腸,乍得句新。舒情托景,裁賦且鼓吟魂。競啼鶯、朗朗飛聲,白頭諷詠黄昏。

 金盞子・雙調102字
  ●●○○,●○○●●(一四),●●○平。●○○●,●○○●,○○●●○平。●●○○,●●●●○平。●●○○●,○○●●,●●○平。
  ●○○●○平,●●●○○(一四),●○平。○○○●○○●,●●○○,●○●平。○○●●,○●●●○平。●○○、●●○○,○○●●○平。
画像
          鮟鱇喜海暝,大抵昏昏睡。點火口前燈,奇魚鱗聚戲。
          画:足柄金太郎 http://ashigara-kintarou.at.webry.info/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんなに、たくさん、書くことができること、うらやましいです。妙想如泉涌。
一地清愁
2013/03/26 19:11
 同工異曲は、知る限りの詞体(といっても『欽定詞譜』にあるもの)とひととおりつきあってみよう、ということで続けています。
 この愚行で、いろいろ学んだことはなきにしもあらずですが、まずは、お笑いください。
獅子鮟鱇
2013/03/27 08:42
この長さはまず"怯怛"になりました。哪里笑得?
一地清愁
2013/03/27 15:18
 『欽定詞譜』には、私が填めたことのない詞体がまだ200ぐらいはあって、いずれも100字以上。110字くらいまではこのまま進めますが、その先は、どこまでできるか、正直、不安です。
 あえて意味をもとめれば、「賞櫻花」の一作を求めるために色々な詞体を試し、不断の推敲をしている、ということになるかと思いますが、同じ酒は、杯を換えても同じ味です。
 推敲には詩才が必要。だれでも推敲すれば傑作が詠める、というものではありません。
 清愁さんの詩詞と私の作を比べてみると、そのあたりのことがよくわかります。
 でも、私の努力が、完全に無である、ということではないことは、私も承知しています。
獅子鮟鱇
2013/03/27 16:42
とても偉いですね。私は、慢詞まだまだ書けないです。水の中泳ぐような感じで、息が続かないです。
一地清愁
2013/03/27 22:37
>私は、慢詞まだまだ書けないです。
 それは清愁さんが、本物の詞人だからでは?
 私の詞は、詩情よりも故事に依存しています。特に同工異曲櫻は、故事依存症の詞です。
 一方、清愁さんの詞は、詩情に集中しています。だから、本物の詞。
獅子鮟鱇
2013/03/28 10:06
これらの詞作は、他の友人にも読んでもらいました。彼は驚いて、信じられないと言いました。
一地清愁
2013/03/30 16:22
 ありがとうございます。とても励みになります。
 私の詩詞は、中国のみなさんにも通用するとは思ってきましたが、ご友人のお言葉、とてもうれしいです。
 詩詞は、書面語の詩でもあり、母語の違いを超越する普遍性があると思っています。詩は、最後は母語という個別性に帰結するものだとしても、詩詞の韻律にはそれを越える普遍的な力があることが、とてもうれしいです。
獅子鮟鱇
2013/03/30 21:32
彼は、最後まで信じられない様子で、この詞人のご家族は中国の人ではないかと聞きました。
一地清愁
2013/03/31 09:29
 詩詞は、通常の中国語・中文にくらべ句が短く、文法は簡単。韵律も、その仕組みは簡明です。
 そのため、漢字の字義を理解できれば、中国語はよくわからなくても詠むことができます。
 ただ、作者は、思うところを、短い句と簡明な文法の枠組みへ、要約しなければなりません。
 さらに、韵律に合うように要約しなければなりません。
 思うことを要約することは、どんな言語を母語としているかに関係なく、誰にとっても、むずかしいことです。
 詩詞の場合、中国語を母語とする人は、中国語でとても多くのことを思ってしまうわけで、自分の思いを詩詞の句へ要約することが、かえってむずかしいのではないか、と思います。
 一方、わたしたち日本人は、漢字を日常的に使っており、それも、話の要点を示すのに漢語を使っています。
 新聞の見出しには漢語が氾濫しています。
 韻律に合わせて要点を述べるためには、漢字の発音をゼロから学び直さなければなりませんが、それは学べばよいだけのことです。思うことを要約して詩詞の句にする、ということでは、中国語を母語とするみなさんよりも、わたしたち日本人の方が有利かも。
 私を含め、漢詩は作れるが中国語は話せない、という日本人がかなりおり、中国語は話せるが漢詩は作れない、という日本人もとても多いです。
 詩詞は、いやはや、不思議ですね。
獅子鮟鱇
2013/03/31 15:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
同工異曲 櫻no.2274〜no.2282 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる