獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 同工異曲 櫻no.2385〜no.2391

<<   作成日時 : 2013/04/28 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 私はあの世を信じていて、そこには、李白や杜甫や、柳永や蘇軾や、決して紅一点ではない李清照らが今も生きている。馬致遠もその一人。
 そこで、あの世に赴いた際には、私の詩と詞曲を、それらの詩人に読んでもらいたい、と思っているのだが、
 私の詞曲を仮に読んでもらえたとしても、李清照を驚かすことは私には出来ない。それができるのは、一地清愁さん。
 しかし、私も、柳永からは東海の詞人としてはよくやっている、といわれるだろうし、李白からは、阿倍仲麻呂の住所を教えてもらえるだろう。
 そのくらいの自信はある。漢詩四万首までおおむね200首―漢詩四万首の実績は、私の自信をうら付ける。
 
      惜黄花慢・春賞櫻雲     2013.04.28 -1119 no.2385

  老骸消遣,喜雨霽水村,春濃湖畔。曳杖隨風,快然進入櫻雲,仰賞雪花繚亂。似蝶張翅滿蒼穹,舞曲徑、飄零沙岸。又星散,漾漾玉塵,滄浪浮泛。
  津梁野店青娥,侑白首、緑酒盈盈金盞。美祿多功,洗滌樗叟枯腸,雅境幸得靈感。霞光明媚促詩魂,作七律、吟惜春短。鶯巧囀,痩骨聳肩長嘆。

 惜黄花慢・雙調108字
  ●○○仄,●●●●○(一四),○○○仄。●●○○,●○●●○○,●●▲○○仄。●○△●●○○,●●●、▲○○仄。●○仄,●●●○,○●○仄。
  ○○●●○○,●△●、●●○○○仄。●●○○,●○△●▲○,●●●○○仄,○○△●●○○,●△●、○○○仄。○●仄,●●●○○仄。


      惜黄花慢・春賞櫻雲     2013.04.28 -1120 no.2386

  老骸消遣,新霽處、探討濃春湖畔。曳杖游覽,水村勝地悠然,進入櫻雲繚亂。滿天艷雪似蝶群,振翅任風飛沙岸。轉星散,漾漾玉塵,滄浪浮泛。
  津梁野店青娥,侑緑酒、洗淨白頭肝膽。笑啜金盞,賞玩好景生情,美醉幸得靈感。霞光悦目促詩魂,作五律、吟惜春短。鶯巧囀,痩骨聳肩長嘆。

 惜黄花慢・雙調108字
  ●○○仄,○●●、●●○○○仄。●●○仄,●○●●○○,●●○○○仄。●○●●●○○,●●●○○○仄。●○仄,●●●○,○●○仄。
  ○○●●○○,●●●、●●○○○仄。●●○仄,●○●●○○,●●●○○仄。○○●●●○○,●●●、○○○仄。○●仄,●●●○○仄。


      惜黄花慢・春賞櫻雲     2013.04.28 -1121 no.2387

  老作詩人,問九洲景勝,四海郷村。探春幽討,仰天嘆賞,櫻雲盛涌,艷雪繽紛。似蝶張翅乘風軟,舞湖畔、飄落沙濱。又碧淪,玉塵漾漾,浮泛鱗鱗。
  花間路到梁津,見翠娥賣酒,盈溢芳樽。笑傾金盞,洗滌膽氣,忽得妙想,將鼓吟魂。水光瀲瀲詩舖錦,擬唐句、尚古圖新。暫蕩唇,競鶯巧囀黄昏。

 惜黄花慢・雙調108字
  ●●○平,●●○●●(一四),△●○平。●○▲●,●○●●,△○●●,▲●○平。●○△●○○●,●○●、○●○平。●●平,●○●●,○●○平。
  ○○●●○平,●●○●●(一四),○●○平。●○○●,●○●●,○○●●,△●○平。●○●●○○●,●○●、▲●○平。●●平,●○●●○平。


      一萼紅・春賞櫻雲      2013.04.28 -1122 no.2388

  有詩人,喜老骸無恙,天下正濃春。探勝尋幽,隨風曳杖,鶴歩穿入櫻雲。雪花舞、如蝶振翅,脱世網、飄落碧湖濱。星散清漣,香塵無數,浮泛鱗鱗。
  路到津梁野店,買芳醇緑酒,盛涌金樽。青女頻斟,白頭更啜,滌洗肝膽醺醺。望霞光、西山炳煥,轉乘興、緩帶鼓詩魂。吟競啼鶯巧囀,放唱黄昏。

 一萼紅・雙調108字
  ●○平,●△○▲●(一四),△●●○平。△●○○,△○▲●,△●△●○平。●△●、△○▲●,▲▲▲、○●●○平。▲●○○,▲○△●,△●○平。
  △●▲○△●,●△○▲●(一四),▲●○平。△●○○,△○▲●,△▲△●○平。●△▲、○○▲●,▲△▲、△●●○平。▲●△○▲△ ▲●○平。


      一萼紅・春賞櫻雲      2013.04.28 -1123 no.2389

  有詩人,喜形骸無恙,天下正濃春。探勝尋幽,隨風曳杖,鶴歩穿入櫻雲。雪花舞、如蝶振翅,脱世網、飄落碧湖濱。細浪清輝,香塵無數,浮泛鱗鱗。
  着到津梁野店,買芳醇緑酒,盛涌金樽。里婦頻斟,樗翁更啜,洗滌肝膽醺醺。望霞光、西山炳煥,醉乘酣興鼓詩魂。吟競啼鶯巧囀,高唱黄昏。

 一萼紅・雙調107字
  ●○平,●○○○●(一四),○●●○平。●●○○,○○●●,●●○●○平。●○●、○○●●,○●●、○●●○平。●●○○,●○○●,●○○平。
  ○●○○●●,●○○○●(一四),●●○平。●●○○,○○●●,○○○●○平。●○○、○○●●,●○○●●○平。●●○○●●,○●○平。


      一萼紅・春賞櫻雲○     2013.04.28 -1124 no.2390

  有樗翁,喜老骸無恙,天下正濃春。牽杖尋幽,隨風探勝,龜歩穿入櫻雲。雪花散、如蝶振翅,轉飛倦,飄落碧湖濱。滄浪搖搖,香塵漾漾,浮泛鱗鱗。
  着到津梁野店,買芳醇緑酒,盛涌金樽。翠黛頻斟,白頭更啜,滌洗肝膽醺醺。望霞彩、西山炳煥,得靈感、裁賦鼓詩魂。笑聳吟肩,競鶯諷詠黄昏。

 一萼紅・雙調108字
  ●○○,●●○○●(一四),○●●○平。○●○○,○○●●,○●○●○平。●○●、○○●●,●○●、○●●○平。○●○○,○○●●,●●○平。
  ○●○○●●,●○○●●(一四),●●○平。●●○○,○○●●,○●○●○平。●○●、○○●●,○○●、○●●○平。●●○○,●○●●○平。


      一萼紅・春賞櫻雲      2013.04.28 -1124 no.2391

  曲肱午枕,貪香夢,好日行舟銀漢。幸伴嫦娥,尋幽千里,欣賞櫻雲繚亂。仰碧宇、繽紛艷雪,卷巻舞、飄落似星散。漾漾漾漾,玉塵滿目,淪漣浮泛。
  天女笑容清婉,侑芳醇緑酒,充盈金盞。滌洗白頭,醉乘雅興,肆目霞光輝煥。得妙想,眞堪裁賦,將朗朗飛聲競鶯囀。痩肩聳,送赤羽、惜春詠嘆。

 一萼紅・雙調108字
  ●○●●,○○●,●●○○○仄。●●○○,○○○●,○●○○○仄。●●●、○○●●,●●●、○●●○仄。●●●●,●○●●,○○○仄。
  ○●●○○仄,●○○●●(一四),○○○仄。○●○○,●○●●,●●○○○仄。○●●、○○○●,○●●○○●○仄。●○●,●●●、○○●仄。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
柳永一定很吃惊,会问,"这位先生怎么ー上我了"?
李清照一定会笑话我的,还时常出现平仄错误。
一地清愁
2013/04/29 08:46
>平仄错误
 清愁さんも私も中華新韵で詞を填めていますので、平仄が違う、といわれることはあるでしょうね。
 でも、私の学習では、詞韵は、旧韵(平水韵)よりも中華新韵にずっと近いので、あまり問題にはならないと思います。
獅子鮟鱇
2013/04/29 09:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
同工異曲 櫻no.2385〜no.2391 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる