獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 同工異曲 櫻no.2500〜2501

<<   作成日時 : 2013/06/18 19:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 『欽定詞譜』所載の「六州歌頭」は全9詞体だが、句作りが難しい3字句が多い上に押韻箇所が多く複雑で手間がかかる。
 一気呵成とはいかない。まずは全9詞体のうちの3詞体。


      六州歌頭・春賞櫻雲     2012.01.14 -0130 no.43改

  散人却老,牽杖探春情。白雲涌,峰頂聳,路登登,歩行行。悦耳鶯清哢,從天縱,鳴樵徑,誇賦性,飛幽境,喜晴空。游目素櫻,花底如霞洞,掠面柔風。見林中茅店,正衒賣酒堪傾。里婦眸明,玉唇紅。
  望黄昏景,青山嶺,隔市井,廣西東。游勝地,乘酣興,有騷翁,樂長生。眷想官途夢,多逆命,少功名。心鏡靜,吟懷動,暮烟生。笑把禿毫,信口無聲病,雅韵玲瓏。送金烏翕翼,回首就歸程,仰月將盈。

 六州歌頭 詞譜・雙調143字
  ●○●● ○●●○平。○○仄協○●仄協●○平,●○平。●●○○仄協○○仄協○○仄協○●仄協○○仄協●○平。○●●○,○●○○仄協●●○平。●○○●●(一四),●●●○平。●●○平。●○平。
  ●○○仄協(一三)○○仄協○●仄協●○平。○●●協○●●協●○平,●○平。●●○○●協○●●協●○平。○●仄協○○仄協●○平。●●○○,●●○○仄協●●○平。●○○○●(一四),●●●○平,●●○平。


      六州歌頭・春賞櫻雲     2013.06.18 -40136 no.2500

  老骸無恙,喜探勝頻頻,聞花信,得名分,討濃春,游山村。牽杖隨風進,若飛遁,穿花蔭,舖霞錦。是櫻雲,帶清芬。路到圓湖如鏡,映蒼穹、艷雪繽紛。無數香塵,泛漣淪。
  青娥謹愼,言聰敏,情柔順,引行人。斟佳醞,堪豪飲,滌心身,醉醺醺。野店眞平穩,無愁悶,有芳樽。押清韵,求餘韵,鼓詩魂。流目霞光炳煥,揮禿筆、裁賦欣欣。競黄鶯夕囀,放唱擬唐吟,温故圖新。

六州歌頭 詞譜・雙調133字 
  ●○○●,●●●○平((一四)。○○仄協○○仄協●○平,○○平。○●○○仄協●○仄協○○仄協○○仄協●○平,●○平。●●○○○●,●○○、●●○平。○●○平,●○平。
  ○○●仄協○○仄協○○仄協●○平。○○仄協○○仄協○○平,●○平。●●○○仄協○○仄協●○平。○○仄協○○仄疊●○平。○●○○●●,○○●、○●○平。●○○○●(一四),●●●○平,○●○平。


      六州歌頭・春賞櫻雲     2013.06.18 -40137 no.2501

  樗翁鶴壽,消遣探濃春,牽杖問,隨風進,入櫻雲,涌邊村。艷雪飛花徑,通勝景,湖如鏡,隔市井,浮輕艇,喜垂綸。瀲瀲滄漣,泛落英無數,即是香塵。路傍旗亭在,里婦蕩紅唇,賣酒芳醇,涌金樽。
  買清聖美,白頭醉,嘗滋味,擅山珍。傾玉盞,滌肝膽,帶微醺,放餘芬。肆目紅霞耀,揮禿筆,鼓詩魂。磨古墨,調平仄,擬唐吟。玩景舒情,老健才七歩,尚古圖新。競蒼庚巧哢,老骨立黄昏,月照愁人。

 六州歌頭 詞譜・雙調143字
  ○○●●,○●●○平。○●仄協○○仄協●○平,●○平。●●○○仄換○●仄,○○仄,○●仄,○○仄,●○平。●●○○,●●○○●,●●○平。●○○○●,●●●○平,●●○平,●○平。
  ●○●仄(一三)換○○仄,○○仄,●○平。○●仄換○○仄,●○平,●○平。●●○○●,○○●,●○平。○●仄換○○仄,●○平。○●○○,●●○○●,●●○平。●○○●●(一四),●●●○平,●●○平。
画像
          画:足柄金太郎 http://ashigara-kintarou.at.webry.info/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
無數香塵,泛漣淪。
回首就歸程,仰月將盈。
老骨立黄昏,月照愁人。
------------美句欣赏。
一地清愁
2013/06/19 08:49
 ありがとうございます。
 「六州歌頭」は填めがいがある詞牌ですが、春賞櫻雲の詩境には合っていないと思います。
獅子鮟鱇
2013/06/19 16:00
六州歌頭,音调悲壮,又以古兴亡事实文之。闻其歌,使人慷慨。----先生说的--不合--是这个原因吧?
一地清愁
2013/06/20 09:17
 六州歌頭,音調悲壮。古人の作をみると、そのとおりですね。
 同工異曲は、詞譜だけを見て詞を填めていますが、そこに問題はあります。
 しかし、詞牌の曲調を調べ、それにふさわしい填詞をしようとすると、わからないことが多いので萎縮し、填詞できません。
 日本人の填詞が少ないのはそのためだと小生は思っています。
 日本人は最初によく調べて、何が正体か、というようなことをよく学んでから筆をとる、そのような作詩態度をとります。虎の威をよく学ぶのです。
 六州歌頭,私の場合は、まず填めてみる、そのうえで六州歌頭は逍遥には向かない詞牌だと知りました。
 お笑いください。
獅子鮟鱇
2013/06/20 13:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
同工異曲 櫻no.2500〜2501 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる