獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 七律・安貧守分

<<   作成日時 : 2014/02/22 13:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

      七律・安貧守分       2014.02.22 -41529

  閑官吏道繞山根,月夜客中懷水村。歸土結廬忍寒苦,安貧守分坐濃春。
  埀鉤江畔欣風色,游目櫻花若錦雲。清晝偶得俳句處,浮光流水似魚鱗。

  閑官の吏道 山根を繞り,
  月夜 客中に懷水村を懷しむ。
  土に歸り廬を結び寒苦を忍び,
  貧を安んじ分を守り濃春に坐す。
  鉤を埀れし江畔に風色を欣び,
  目を游ばす櫻花 錦雲のごとし。
  清晝 たまたま俳句を得たるところ,
  浮光流水 魚鱗に似る。

 七言律詩平起式詩譜:
  △○▲●●○平,▲●△○▲●平。▲●△○○●●,△○▲●●○平。
  △○▲●△○●,▲●△○▲●平。▲●△○○●●,△○▲●●○平。
   ただし四字目の孤平(●○●)は不可。挟み平(▲●○○●○●)は可。
   また、第一句は△○▲●△○●でもよい。
   拙作は、中華新韵九文平声の押韻。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
七律・安貧守分 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる