獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 「四字熟語 書き取り編 其の19」から絶句二首

<<   作成日時 : 2014/02/23 11:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

四字熟語 書き取り編 其の19」について

 andさんの「四字熟語 書き取り編 其の19」から次の四字熟語をお借りして、七言絶句二首。

3.曲水流觴(きょくすい りゅうしょう):曲折した水の流れに杯を浮かべ、それが自分の前を流れ過ぎないうちに詩を作り、杯の酒を飲むという風雅な遊び。
5.張王李趙(ちょうおう りちょう):これといって取り柄のない平凡な人のこと。張・王・李・趙はいずれも中国の姓のうち最もありふれたものであることから。

      七絶・曲水流觴       2014.02.23 -41533

  白頭連袂入櫻雲,曲水流觴雅会春。吟競花間俳句後,水亭傾酒醉醺醺。
  ○○○●●○平,●●○○●●平。○●○○○●●,●○○●●○平。
                             (中華新韵九文平声の押韻)
  白頭 袂を連ねて櫻雲に入り,
  曲水流觴 雅会の春。
  花間に俳句を吟じ競ひし後,
  水亭に酒を傾け醉って醺醺。

      七絶・張王李趙       2014.02.23 -41534

  奎運年年衰四門,張王李趙老詩林。繆斯失意斷琴後,開店花間賣酒醇。
  ●●○○○●平,○○●●●○平.●○○●●○●,○●○○●●平。
                             (中華新韵九文平声の押韻)
  奎運(文運)年年 四門に衰え,
  張王李趙 詩林に老ゆ。
  繆斯(ミューズ)失意 琴を斷ちし後,
  店を花間に開いて酒の醇なるを賣る。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「四字熟語 書き取り編 其の19」から絶句二首 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる