獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 肱を枕の臥游や天上の春

<<   作成日時 : 2014/03/25 10:06   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

      月宮春・春 游       2014.03.25 -41822

  曲肱堪枕醉醺醺,臥游天上春。廣寒宮苑涌櫻雲,嫦娥陪散人。
  欣賞雪花飛紫夜,閑傾清聖洗紅塵。乘興詩翁放唱,玉仙彈月琴。

  曲げたる肱 枕とするに堪へ醉って醺醺と,
  天上の春に臥游す。
  廣寒宮の苑に涌く櫻雲,
  嫦娥 散人に陪す。

  欣賞す 雪花の紫夜(子夜)に飛ぶを,
  閑に傾く 清聖(清酒)の紅塵を洗ふを。
  興に乘り詩翁は放唱し,
  玉仙は月琴を彈く。

 月宮春 詞賦・雙調49字,前段四句四平韻,後段四句兩平韻 毛文錫か
  ●○○●●○平,△○▲●平。△○○●●○平,△○▲●平。
  ▲●△○○●●,○○▲●●○平。△●○○●●,●○○●平。
   拙作は中華新韵九文平声の押韻。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
閑傾清聖洗紅塵。玉仙彈月琴。最喜欢这两句。
一地清愁
2014/03/25 10:33
 コメントありがとうございます。
 清愁さんが帰国されている間、詞はあまり読んでおりませんし、よい作品もありません。
 この作、子夜を紫夜としたのが、よかったかどうかですが、私なりにはよく詠めたと思っています。
獅子鮟鱇
2014/03/25 11:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
肱を枕の臥游や天上の春 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる