獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 窗の外は櫻雲雪を飛ばしをる夜に醉吟氣の無き聲で

<<   作成日時 : 2014/04/05 17:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 有聲無氣:人の気息奄奄たるを形容する

      七絶・有聲無氣       2014.04.05 -41889

  難斷暮愁傾酒卮,醉呵禿筆試裁詩。有聲無氣吟春夜,窗外櫻雲飛雪時。
  ○●●○○●平,●○○●●○平。●○○●○○●,○●○○○●平
                             (中華新韵十四支平声の押韻)
  暮愁斷ちがたく酒卮を傾け,
  醉って禿筆を呵し試みに詩を裁す。
  聲あるも氣なく吟ずる春夜,
  窗外に櫻雲 雪を飛ばしをる時。
画像
          鮟鱇喜海暝,大抵昏昏睡。點火口前燈,奇魚鱗聚戲。
          画:足柄金太郎 http://ashigara-kintarou.at.webry.info/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
窗の外は櫻雲雪を飛ばしをる夜に醉吟氣の無き聲で 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる