獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ 櫻を詠もう 其二十二之三 寄調黄薔薇

<<   作成日時 : 2015/03/25 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

    [越調]黄薔薇・醉賞櫻花午睡 2015.03.25 -43866

 雪花如美錦,忘我仰櫻雲。笑買村醪小飲,醉曲肱堪午枕。
 ●○○●上,●●●○平。▲●○○●上,▲●○○●上。
           中華新韻九文平仄両用の押韻。上は上声(仄声)の押韻

  雪花 美錦のごとく,
  我を忘れて櫻雲を仰ぐ。
  笑って村の醪を買い小(すこ)しく飲み,
  醉って曲ぐ 肱の午枕とするに堪ふるを。

 [越調]黄薔薇 曲譜・22字
  ●○○●上(平),●▲●○平。▲●○○●上(平),▲●○○●上(平)。

   ○:平声。●:仄声。平:平声の押韻。
   ▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   上(平):上声の押韻だが、平声を用いてもよい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうだ 櫻を詠もう 其二十二之三 寄調黄薔薇 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる