獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ 櫻を詠もう 其三十之五 寄調抛球樂

<<   作成日時 : 2015/04/08 20:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

     抛球樂・櫻雲湖水舖美錦 2015.04.08 -43959

 曳杖入櫻雲,傾杯醉水村。鏡湖舖美錦,茅店有芳樽。有意飛聲好,裁詩吟句新。

  杖を曳いて櫻雲へ入り,
  杯を傾けて水村に醉ふ。
  鏡湖 美錦を舖き,
  茅店に芳樽あり。
  意ありれば聲を飛ばすのが好かろうと,
  詩を裁し句の新しきを吟ず。

 抛球樂 詞譜・單調30字,六句四平韻 劉禹錫
  ▲●▲○平,○○●●平。●○○●●,△●●○平,●●○○●,△○▲●平。
   拙作は中華新韵九文平声の押韻。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうだ 櫻を詠もう 其三十之五 寄調抛球樂 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる