獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ 櫻を詠もう 其三十六之十一 寄調挂金策

<<   作成日時 : 2016/03/16 17:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

     [商調]挂金策・欣賞櫻雲夢嫦娥  2016.03.16 -46012
  
  曳杖春遊,湖畔櫻雲涌;鼓嘴高吟,花徑春鶯哢;傾盞詩林,野店騷人夢;覓句仙郷,天上嫦娥映。
 
  杖を曳いて春遊すれば,
  湖畔に櫻雲涌きをり;
  嘴を鼓して高吟するは,
  花徑の春鶯の哢りなり;
  盞を詩林に傾け,
  野店に騷人の夢みるあり;
  句を仙郷に覓(もとめ)れば,
  天上に嫦娥映ゆ。

 [商調]挂金策 曲譜・・36字
  ▲●○○,▲●○○仄;▲●○○,▲●○○仄;▲●○○,▲●○○仄;▲●○○,▲●○○仄。
   ○:平声。●:仄声。
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   仄:仄声の押韻。(拙作は中華新韻十一庚の押韻)
   「;」:隔句対。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
うう。油断すると老師の創作が早すぎて 
全部を読み切れないww
桜の詩、いつの間にかこんなにもw

この詩は素敵ですね。
漢詩っぽい語感が素敵です。
なんだか桜を求めて外へ出かけたくなります♪
しゅけ
2016/03/16 18:54
しゅけさん
 コメントありがとうございます。
 漢詩では花を詠むなら梅、なのですが、日本の漢詩人としては桜か ということで詠んでいます。
 拙作、数は詠んでいますが、同工異曲。マンネリといえばマンネリですが
 詞曲には詩体がたくさんあり、詩体がたくさんあることを楽しんでいます。
 あえていえば自由詩の天下に対する定型詩の逆襲
 詞曲は定型詩の海でそこを泳いでいると、日本の詩人がときおり口にする自由詩・散文詩>定型詩という観念がとても怪しいものに思えます。
獅子鮟鱇
2016/03/16 19:31
欣赏佳作。
覓句仙郷,天上嫦娥映。结句美。
这个曲牌,第一次见到。四字后,五字。很上口。又些像减字木兰花。
一地清愁
2016/03/17 09:47
结句美。ありがとうございます。
>又些像减字木兰花
 確かに。减字木兰花の七字句を五字に減らすと挂金策になります。
 この曲牌、2005年に北京で買った『快速制曲手冊』に載っていました。
獅子鮟鱇
2016/03/17 18:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうだ 櫻を詠もう 其三十六之十一 寄調挂金策 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる