獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ 櫻を詠もう 其三十八之一 寄調搗練子

<<   作成日時 : 2016/03/19 10:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

     搗練子・吟賞櫻雲作蒼庚   2016.03.19 -46028
 
 如海嘯,入櫻林。萬千遊客賞花春。小攤多,賣酒醇。
 傾金盞,洗紅塵。凡才更好作詩人。化蒼庚,囀黄昏。

  海嘯(津波)の如く,
  櫻林に入る,
  萬千の遊客 花の春を賞(め)ずるに
  小攤(露店)多く,
  酒の醇なるを売る。

  金盞を傾け,
  紅塵を洗ふ。
  凡才 詩人となるは更に好く,
  蒼庚と化し,
  黄昏に囀る。

 搗練子 詞譜・雙調38字,前後段各五句三平韻 李石
  ○●●,●○平。▲○△●●○平。●○○,▲●平。
  ○▲●,●○平。△○●●●○平。●○△,▲▲平。
   ○:平声。●:仄声。
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   平:平声の押韻。(拙作は中華新韻九文平声の押韻)
画像
          鮟鱇喜海暝,大抵昏昏睡。點火口前燈,奇魚鱗聚戲。
          画:足柄金太郎 http://ashigara-kintarou.at.webry.info/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
傾金盞,洗紅塵。凡才更好作詩人。化蒼庚,囀黄昏。
化蒼庚,囀黄昏。结得句美。
一地清愁
2016/03/21 15:37
ありがとうございます。
黄昏を使うと黄鶯が使えず、そういうときは蒼庚の助けを借ります。
獅子鮟鱇
2016/03/21 20:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうだ 櫻を詠もう 其三十八之一 寄調搗練子 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる