獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 古池や蛙飛びこむ水の音濡れるわがすそ と五言絶句と漢俳三首

<<   作成日時 : 2016/04/05 06:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 俳句は五七五の三句で一句
 なぜ三句なのか。
 日本人にとっては 何か変だ
 ということはならないのだが
 世界の詩人にとってはどうなのか。
 漢詩人にとっては三句、その奇数性に違和感がある。
.
 漢詩は二句一章が基本。
 絶句は起承の二句で一章、転結の二句で一章、計四句二章。
 律詩は八句四章。
 詞曲には奇数句に作るものもあるが
 それらも三句で一章であったりして奇数が消され
 章でみれば偶数章で一編となることが多い。
 西欧のソネットは四四三三行
 段落の中をみれば三という奇数があるが
 段落の数は四。
.
 モンゴルの伝統詩は三行で一首。
 そこで俳句の三句は世界で唯一 ということではないのだが
 三句で一句という俳句は
 かなり特殊で、不思議な詩体に思える。
.
 どう特殊で不思議なのか。
 それを知るには俳句を四句に作り直してみるとわかる
 かもしれない ということで
 芭蕉の名句を借り五七五七の四句の短詩にしてみた。
.  
  古池や 蛙飛びこむ 水の音 濡れるわがすそ
.
 作品としての善し悪しはともかく一句加えて四句にすることで
 句に起承転結がそなわった。
 ということは 俳句は
 起承転 の詩で
 結 を欠く
 ということなのか。私が加えた
.
  濡れるわがすそ
.
 は日本人であればだれもが蛇足だと思うだろう。
 しかし、結 を欠く詩
 それは漢詩としては通用しないだろう。
 それを確かめるために、五言絶句を作り
 漢俳に作り直してみる。
.
      五絶・村童捧腹嗤    2016.04.04 -46151

  櫻雲涌古池,遊客啜金卮。乘興吟俳句,村童捧腹嗤。

  ○○●●平,○●●○平。○●○○●,○○●●平。
      ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十三支平声の押韻

  櫻雲 古池に涌き,
  遊客 金卮を啜る。
  興に乗り俳句を吟ずれば,
  村童腹を捧(かか)へて嗤(わら)ふ。


 この五言絶句の結句を削る。

      漢俳・乘興吟俳句      2016.04.04 -46151 -2

  櫻雲涌古池,白頭遊客啜金卮。乘興吟俳句。

  ○○●●平,○○○●●○平。○●○○●。


  櫻雲 古池に涌い,
  白頭の遊客 金卮を啜る。
  興に乗り俳句を吟ず。


 漢詩は、末句で押韻しないと落ち着かない。
 そこで、結句を削ることはあり得ないから

      漢俳・乘興吟俳句      2016.04.04 -46151 -3

  櫻雲涌古池。醉翁乘興吟俳句,村童捧腹嗤。

  ○○●●平。●○○●○○●,○○●●平。


  櫻雲 古池に涌い,
  醉翁 興に乗り俳句を吟ずれば,
  村童腹を捧(かか)へて嗤(わら)ふ。


 しかし、俳句に結句はいらない
 結論を詠んではいけないのだ と考えてみて
 結句を削るつもりで転句で押韻すればどうか
 ということで

      漢俳・乘興醉吟詩      2016.04.04 -46151 -4

  櫻雲涌古池,白頭遊客啜金卮。乘興醉吟詩。

  ○○●●平,○○○●●○平。○●●○平。

  櫻雲 古池に涌い,
  白頭の遊客 金卮を啜る。
  興に乗り詩を醉吟す。


 しかしこの作、前作に比べ面白味がまるでない。
 ということは
 転句とも結句ともつかない句を詠まなければならない
 ということか。

三位一体とか・・ブログトーナメント - 哲学・思想ブログ村
三位一体とか・・ブログトーナメント

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
乘興吟俳句,村童捧腹嗤。这句写得真好。捧腹嗤,活泼。
一地清愁
2016/04/07 11:22
>捧腹嗤,活泼。
 ありがとうございます。
 この稿、漢詩と俳句の違いを確認してみたいと思い五絶と漢俳で試してみましたが、漢俳は俳句と違って、やはり結句が必要でした。
獅子鮟鱇
2016/04/07 15:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
古池や蛙飛びこむ水の音濡れるわがすそ と五言絶句と漢俳三首 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる