獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ 櫻を詠もう 其四十二之三 寄調戀情深

<<   作成日時 : 2016/04/08 10:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

      戀情深・醉賞櫻雲作俳句  2016.04.08 -46172
.
  悦目櫻雲流靉靉,老翁成隊。共求俳句繞山湖,喜濃春。
  憩休茅店見紅唇,賣酒洗緇塵。賞景醉乘詩興,競鶯吟。

  目を悦ばして櫻雲靉靉と流れ,
  老翁 隊を成す。
  共に俳句を求めて山湖を繞り,
  濃春を喜ぶ。

  憩休せる茅店に紅唇見え,
  賣りたる酒 緇塵を洗ふ。
  景を賞(め)でて醉って吟興に乘り,
  鶯と競ひ吟ず。

 戀情深 詞譜・雙調42字,前段四句兩仄韻、兩平韻,後段四句三平韻 毛文錫
  ●●○○○●仄,●○○仄。▲○△●●○○,●○平。
  △○○●●○平,△●●○平。●●●○○●,●○平。
   ○:平声。●:仄声。
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   平:平声の押韻。(拙作は中華新韻九文の押韻)
   仄:仄声の押韻。(拙作は中華新韻四開の押韻)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。

憩休茅店見紅唇,賣酒洗緇塵。见红唇,好。
賞景醉乘詩興,競鶯吟。结得好。
一地清愁
2016/04/11 15:09
ありがとうございます。
紅唇、以前、多用していた時期がありますが、最近はあまり・・・
紅唇を使うと紅塵が使えないのが欠点ですね。黄塵でもよいのですが、緇塵にしました。
獅子鮟鱇
2016/04/11 16:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうだ 櫻を詠もう 其四十二之三 寄調戀情深 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる