獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ櫻を詠もう 其四十三之一 寄調霜天曉角(仄声押韻)

<<   作成日時 : 2016/04/15 07:28   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

     霜天曉角・醉賞櫻雲獨吟詠  2016.04.14 -46229
.
 春鶯清哢,悦目櫻雲涌。香雪如蝶張翅,飛古道、通霞洞。
 半夢,抱玉甕,賞景乘詩興。茅店翠娥鼻哂,白頭醉、獨吟詠。

  春鶯 清らかに哢り,
  目を悦ばして櫻雲涌く。
  香雪 蝶の翅を張るごとく,
  古道に飛び、霞洞に通ず。

  半夢,
  玉甕を抱き,
  景を賞(め)でて詩興に乗る。
  茅店の翠娥 鼻で哂ひ,
  白頭醉ひ、獨り吟詠す。

 霜天曉角・雙調43字,前段四句三仄韻,後段五句四仄韻 林逋
  △○△仄,▲▲○△仄。▲●▲○△●,△△●、△△仄。
  ▲仄,△●仄,▲△△▲仄。▲●△○△●,▲▲●、△△仄。
   ○:平声。●:仄声。
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   仄:仄声の押韻。(拙作は中華新韻十一庚の押韻)
画像
          鮟鱇喜海暝,大抵昏昏睡。點火口前燈,奇魚鱗聚戲。
          画:足柄金太郎 http://ashigara-kintarou.at.webry.info/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
そうだ櫻を詠もう 其四十四之八 寄調霜天曉角
「そうだ櫻を詠もう 其四十三之一 寄調霜天曉角(仄声押韻)」について .  霜天曉角、四十三字仄韻体で詠む場合が多いが、四十四字の以下の体も詠まれている。 .       霜天曉角・春賞櫻雲涌霞洞  2016.04.20 -46265 .   櫻雲湖畔涌,柳鶯春晝哢。老叟憩休茅店,傾金盞、啜清聖。   遊魂擅詩興,走筆排聲病。夕暮浮光鱗浪,如銀漢、繞霞洞。 ...続きを見る
獅子鮟鱇詩詞
2016/04/21 06:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
香雪如蝶張翅,飛古道、通霞洞。香雪如蝶,真美。
一地清愁
2016/04/18 10:41
 ありがとうございます。
 霜天曉角(仄声押韻格)は好きな詞牌です。
 その名、今は季節はずれですが・・・
獅子鮟鱇
2016/04/18 12:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうだ櫻を詠もう 其四十三之一 寄調霜天曉角(仄声押韻) 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる