獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 一七令(宝塔詩) 『夢』

<<   作成日時 : 2016/05/04 10:25   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

漢俳・夢十七首 『夢は斜めに落ちていく』」について
.
      一七令・夢     2016.05.03 -46359
.
  夢,荒唐,放縱,使詩叟,遊霞洞。日暖花底,風柔酒境,山鬼賣濁賢,仙娥羞清聖。青眼抱琴彈奏,白首飛聲諷詠。先前裁賦擅華辭,吟後聳肩吃畫餅。
.
 夢,
 荒唐にして,
 放縱,
 詩叟をして,
 霞洞に遊ばしむ。
 日暖かき花底,
 風柔らかき酒境,
 山鬼 濁賢を売り,
 仙娥 清聖を羞(すす)む。
 青眼 琴を抱いて彈奏し,
 白首 声を飛ばして諷詠す。
 先前(さきだつ)賦を裁するに華辭をほしいままにし,
 吟じて後は肩を聳やかして画餅を吃(く)ふ。

 「一七令」は唐の時代に始まる詞。
 一字から七字までの句を、二字以降は二句ずつ詠み、隔句押韻する。
 一字から七字まで下図のように宝塔に似せて書くことができるので
 宝塔詩とも呼ばれている。

           夢,
         荒唐,放縱,
       使詩叟,遊霞洞。
      日暖花底,風柔酒境,
    山鬼賣濁賢,仙娥羞清聖。
   青眼抱琴彈奏,白首飛聲諷詠。
 先前裁賦擅華辭,吟後聳肩吃畫餅。

 一七令 詞譜・單調55字,十三句,七仄韻 韋式
  仄。△○,▲仄。●▲▲,○△仄。●●○●,○○●仄。▲▲●△○,○△○▲仄。○▲●△○●,▲●○○●仄。△○△●●○○,○●●○▲●仄。
   ○:平声。●:仄声。
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   仄:仄声の押韻。(拙作は中華新韻十一庚仄声の押韻)
画像
          鮟鱇喜海暝,大抵昏昏睡。點火口前燈,奇魚鱗聚戲。
          画:足柄金太郎 http://ashigara-kintarou.at.webry.info/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
夢,
荒唐,放縱,写梦的属性,写得好。

日暖花底,風柔酒境,日暖,风柔,美。

山鬼賣濁賢,仙娥羞清聖。
青眼抱琴彈奏,白首飛聲諷詠。山鬼,闲娥,青眼,白首,对得很美。

一七令,如梦令,都是先生得意的词牌。
一地清愁
2016/05/04 17:19
ありがとうございます。
>荒唐,放縱,写梦的属性,写得好。
 実はこの二字句ふたつでいちばん苦労しました。
>一七令,如梦令,都是先生得意的词牌。
 はい、詞というより詩に近い境地で詠むことができます。
獅子鮟鱇
2016/05/04 17:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
一七令(宝塔詩) 『夢』 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる