獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 如夢令 『聽天由命夜傾杯 (天を聴いて命により夜は杯を傾く)』

<<   作成日時 : 2016/06/04 15:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 命の言葉、これだけではよくわからない。
 キリスト教では「永遠の命の言葉」、これは一応はわかる。
 永遠に生き続ける言葉、忘れ去られるべきでない言葉
 その言葉を信じることで永遠の命を知ることができる言葉
 そういう言葉なのだろう。
.
 しかし 命の言葉
 ぼんやりと聞き流している分には
 何となくわかったように思えるが
 それはどういう意味ですか 人から問われたとすると
 わたしは
 しどろもどろになるだけだろう。
 生きるために必要な言葉 では十分でなく
 人間らしく生きるために必要な言葉 とか
 命懸けの言葉 とか
 いずれにしても
 大切な言葉なのでしょうね
 とお茶を濁す程度にしか答えられない。
 命は大切
 そこで命の言葉は大切な言葉。
.
 それとも
 「命」を「いのち」ではなく「めい」と読んで
 天命の言葉、天が命ずる言葉
 について考えてしまうかも知れない。
 天が命ずる言葉 それに従って生きることを
 聽天由命 という。
 そして 聽天由命にはそれを好ましくないこととする意味もあった
 なにごとも天の思し召しのままに として
 一個の人間としてあれこれを思う
 主観的な努力を放棄することを意味する。
 命の言葉です といはれて
 はい そうですか と鵜のみにする
 「聽天由命」はそういうところか。

      如夢令・聽天由命夜傾杯   2016.06.04 -46531

  傍晩聽天由命,喜啜濁賢清聖。一醉枕閑肱,瞑目遊魂仙境。香夢,香夢,鼾睡朝來未醒。


  傍晩(夕べ)に天を聴いて命に由り,
  喜び啜る 濁賢清聖(濁り酒と清酒)。
  一醉 閑な肱を枕とし,
  目を瞑(つむ)り魂を仙境に遊ばす。
  香夢,
  香夢,
  鼾睡して朝が來たるも未だ醒めず。


 如夢令 詞譜・單調33字,七句五仄韻、一疊韻 後唐莊宗
  △●△○△仄,▲●▲○△仄。△●●○○,△●▲○△仄。△仄。△仄疊△●▲○△仄。
   ○:平声。●:仄声。
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   仄:仄声の押韻。(拙作は中華新韻八寒仄声の押韻)

命の言葉・・ブログトーナメント - 哲学・思想ブログ村
命の言葉・・ブログトーナメント

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
香夢,香夢,鼾睡朝來未醒。好句。未醒,香梦,连得好。
一地清愁
2016/06/06 18:37
ありがとうございます。
香夢は好きな詩語です。詞曲は仄韻の押韻が楽しめるのことが、詩(七絶・七律)にはない楽しみです。
獅子鮟鱇
2016/06/06 22:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
如夢令 『聽天由命夜傾杯 (天を聴いて命により夜は杯を傾く)』 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる