獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 掩過飾非 七言絶句と四七令と短歌と俳句

<<   作成日時 : 2016/06/11 06:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 掩過飾非:文過飾非ともいう。言葉を飾りたてて過失、錯誤を隠蔽する。
.
      七絶・掩過飾非       2016.06.10 -46581
.
 城狐掩過飾多非,社鼠更添絲涙垂。無計可施難辯解,朝辭官府挂冠歸。
 ○○●●●○平,●●●○○●平。○●●○○●●,○○○●●○平。
                ○:平声。●:仄声。平:中華新韻五微平声の押韻

  城狐は過ちを掩(おほ)ひ多くの非を飾り,
  社鼠は更に添ふ 絲涙の垂るるを。
  無計可施(万策尽きて)辯解しがたければ,
  朝(あした)に官府を辭して挂冠(辞職)して歸る。

      四七令・掩過飾非      2016.06.10 -46582

 掩過飾非,更添老涙自傷悲。
 ●●●平,●○●仄●○平。
    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻五微平仄両用の押韻。

  掩過ちを掩(おほ)ひ非を飾り,
  更に老涙を添へて
  自ら傷悲す。

 短歌
  過ちを掩(おほ)ひ非なるを飾りたて老いの涙を添えて悲しむ

 俳句
  過ちを掩(おほ)ひ非なるを飾る秋

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
無計可施難辯解,朝辭官府挂冠歸。好句。
一地清愁
2016/06/14 12:07
ありがとうございます。
この作も、都知事に取材した一作です。
獅子鮟鱇
2016/06/14 17:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
掩過飾非 七言絶句と四七令と短歌と俳句 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる