獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 飄洋過海 如夢令 と五七令と短歌と俳句

<<   作成日時 : 2016/06/23 08:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 飄洋過海:海洋を渡りゆくこと。異国、他郷へいくこと。
.
      如夢令・三角戀愛      2016.06.23 -46693
.
  花底風情月債,春晩男歡女愛。黄鳥附黒鴉,携手飄洋過海。留在,留在,鸚鵡傷悲霞彩。

  花の底に風情月債あり,
  春の晩に男は歡び女は愛す。
  黄鳥 黒鴉に附いて,
  手を携へて飄洋過海す。
  留在(あとに残す),
  留在(あとに残す),
  鸚鵡の霞彩(夕焼け)に傷み悲しみをるを。

 如夢令 詞譜・單調33字,七句五仄韻、一疊韻 後唐莊宗
  △●△○△仄,▲●▲○△仄。△●●○○,△●▲○△仄。△仄。△仄疊△●▲○△仄。
   ○:平声。●:仄声。
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   仄:仄声の押韻。(拙作は中華新韻四開仄声 海一字の独木橋体の押韻)

     五七令・飄洋過海      2016.06.23 -46694

 揚帆有秀才,飄洋過海逞胸懷。
 ○○●●平,○○●仄●○平
    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻四開平仄両用の押韻

  帆を揚げて秀才あり,
  飄洋と海を過(わた)り
  逞しくす 胸懷を

 短歌
  帆を揚げて秀才ありて飄洋と海を渡りて胸懷たくまし

 俳句
  秀才が海を渡るに飄洋と
画像
          鮟鱇喜海暝,大抵昏昏睡。點火口前燈,奇魚鱗聚戲。
          画:足柄金太郎 http://ashigara-kintarou.at.webry.info/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
携手飄洋過海。留在,留在,鸚鵡傷悲霞彩。后半的意思,不太明了。
留在的后面,应有地方。比如,留在,X X 之外。清愁愚见。
一地清愁
2016/06/24 11:59
>留在的后面,应有地方。比如,留在,X X 之外。
 指正ありがとうございます。
 留在=留下だと誤解していました。
>后半的意思,不太明了。
 直せるかどうか、考えてみます。
獅子鮟鱇
2016/06/24 14:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
飄洋過海 如夢令 と五七令と短歌と俳句 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる