獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS [中呂]醉高歌帶過殿前歡・秋吟

<<   作成日時 : 2016/06/24 14:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

     [中呂]醉高歌帶過殿前歡・秋吟 2016.06.24 -46701
.
  殘蝉却老飛聲,對象無言淡冷。終天求愛青林徑,但見白頭歩行。
  坐旗亭,醇醪溢滿盞堪傾。山湖夕暮輝如鏡,四起蛩鳴。悲秋情易生,詩思涌,醉意隣吟興。獨揮短筆,遜順遺風。
.
  殘蝉 老いを却(しりぞ)けて声を飛ばすも,
  對象(あいて)は無言にして淡冷(冷淡)。
  終天(ひねもす)愛を青林の徑に求め,
  ただ見る 白頭の歩行するを。

  旗亭に坐せば,
  醇醪 滿ち溢れて盞 傾くに堪ふ。
  山湖 夕暮に輝いて鏡のごとく,
  四(よも)に起ちて蛩鳴く。
  悲秋 情は生じやすく,
  詩思涌き,
  醉意は吟興に隣る。
  獨り短筆を揮ひ,遜順するは遺風。

 この作は、二個の散曲、醉高歌と殿前歡を繋げて一曲としている。

 [中呂]醉高歌帶過殿前歡・67字
  △○▲●○平,▲●○○●上(平),△○▲●○○仄,▲●○○●上(平)。
  ●○平,△○▲●●○平。△○▲●○○仄,▲●○平。○○○●平,○○仄,▲●○○仄。△○▲●,●●○平。
   ○:平声。●:仄声。
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   平:平声の押韻。仄:仄声の押韻。上声の押韻。(拙作はいずれも中華新韻十一庚)
  ( ):前の字は( )内の声調の押韻でもよい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
...但見白頭歩行。也是引出诗人。
悲秋情易生,詩思涌,.... 情易生,诗思涌,好句。
一地清愁
2016/06/28 11:07
ありがとうございます。
情易生、気に入っています。
獅子鮟鱇
2016/06/28 13:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
[中呂]醉高歌帶過殿前歡・秋吟 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる