獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 安貧守道 甘貧守分 待時守分 五七令等と短歌と俳句 と竹枝

<<   作成日時 : 2016/07/25 17:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 安貧守道:貧窮に安んじ道を守る。
 甘貧守分:貧窮に甘んじて本分を守る。
 待時守分:好機を待って暫くは分に安んじ己を守る。
.
     五七令・安貧守道      2016.07.25 -46924
.
 茅舎耐風刀,安貧守道扮詩豪。
 ○●●○平,○○●仄●○平
    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻六豪平仄両用の押韻

  茅舎に風刀を耐へ,
  貧に安んじ道を守り
  詩豪に扮す。

 短歌
  風刀に耐へて茅舎に貧しきに安んじ扮す道守る詩豪

     七言俳句・甘貧守分     2016.07.25 -46925

 甘貧守分愛詩文。
 ○平●仄●○平
    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻九文平仄両用の押韻

  貧に甘んじ
  分を守り
  詩文を愛す。

 俳句
  貧しきに甘んじ分(ぶん)を守るかな

     四七令・待時守分      2016.07.25 -46926

 老作詩人,待時守分上仙春。
 ●●○平,○○●仄●○平
    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻六豪平仄両用の押韻

  老いて詩人となり,
  時を待つに分を守れる
  上仙の春に。

 短歌
  老いてなる詩人は時を待つにしろ分を守れり登仙の春に

     竹枝・待時守分       2016.07.25 -46927

 傾杯却老(竹枝)賦詩人(女兒),待時守分(竹枝)上仙春(女兒)。

  杯を傾け却老いを却(しりぞ)けて(エイヤサ)
  詩を賦する人(ホイサ),
  時を待ち分を守りをる(エイヤサ)
  仙に上る春(ホイサ)。

 竹枝 詞譜・單調14字,兩句兩平韻 皇甫松
  ○○●●(竹枝)●○平(女兒),○○●●(竹枝)●○平(女兒)。
    ○:平声。●:仄声。平:平声の押韻(拙作は中華新韻九文)

画像
          鮟鱇喜海暝,大抵昏昏睡。點火口前燈,奇魚鱗聚戲。
          画:足柄金太郎 http://ashigara-kintarou.at.webry.info/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
傾杯却老(竹枝)賦詩人(女兒),待時守分(竹枝)上仙春(女兒)。上仙春,好句。
一地清愁
2016/07/29 10:34
ありがとうございます。
上仙春三字は、冒険でした。
獅子鮟鱇
2016/07/29 16:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
安貧守道 甘貧守分 待時守分 五七令等と短歌と俳句 と竹枝 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる