獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 因循守舊 七言律詩 と五七令と短歌と俳句

<<   作成日時 : 2016/07/26 11:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 因循守旧:旧を守り創新の精神缺乏せるをいう。
 領異標新:衆人と異なり、独創的であること。
.
     七律・因循守舊       2016.07.26 -46931
.
 黒首因循守舊時,白頭領異標新詩。弊風拂面酒旗誘,酸雨洗花黴氣滋。
 巨匠筆鋒生銹彩,大家聲病買嘲嗤。無人進取試題壁,凡作假山積贅詞。

 黒首(若者)因循守舊の時,
 白頭 領異標新の詩。
 弊風拂面を拂(な)でて酒旗誘ひ,
 酸雨 花を洗って黴氣(かびの気)滋し。
 巨匠の筆鋒 銹彩(さびの模様)を生じ,
 大家の聲病 嘲嗤を買ふ。
 進取にして試題壁を試みる人なく,
 凡作 假山に贅詞を積む。

 七言律詩仄起式詩譜:
  ▲●△○▲●平,△○▲●●○平。△○▲●△○●,▲●△○▲●平。
  ▲●△○○●●,△○▲●●○平。△○▲●△○●,▲●△○▲●平。
   ○:平声。●:仄声。平:平声の押韻(拙作は、中華新韻十三支平声の押韻)
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   なお、四字目の孤平(●○●)は不可。挟み平(▲●○○●○●)は可。
   また、第一句は▲●△○○●●でもよい。

     五七令・因循守舊      2016.07.26 -46932

 玩月醉金秋,因循守舊遣詩愁。
 ○●○平,○○●仄●○平
    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻七尤平仄両用の押韻

  月を玩び金秋に醉ひ
  循(踏襲)に因り舊を守り
  詩愁を遣る。

 短歌
  金秋に醉ひて月を玩び因循守舊(いんじゅんしゅきゅう)詩愁を遣れり

 俳句
  踏襲によりて守らん旧風を
画像
          鮟鱇喜海暝,大抵昏昏睡。點火口前燈,奇魚鱗聚戲。
          画:足柄金太郎 http://ashigara-kintarou.at.webry.info/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
黒首因循守舊時,白頭領異標新詩。两个成语,嵌得真巧。
一地清愁
2016/07/29 10:22
 ありがとうございます。
 私が若かった頃にくらべ、偉い人・権威のある人の言葉に忠実な青年が増えているように思います。
獅子鮟鱇
2016/07/29 16:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
因循守舊 七言律詩 と五七令と短歌と俳句 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる