獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨霖鈴・吟競殘蛩或鳴蛙

<<   作成日時 : 2016/07/22 11:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

      雨霖鈴・吟競殘蛩或鳴蛙  2016.07.22 -46900
.
  秋蝉鳴盡,老翁留下,晩境昏困。傾杯醉聽蛩雨,悲鳴暗夜,難排愁悶。切切飛聲不斷,訴情侶欺隱。戀慕久、何怕妖魔,欲咬形骸爲懷妊。
  裁詩百歳隨天分,坐寒齋、妄想失時運。風花雪月堪賞,香夢好、繆斯誠懇。笑勸霞漿,滌洗神魂,蓄積遺恨。諷詠競、擧例青蛙,鼓噪霖霖奮。
.
  秋蝉 鳴き盡き,
  老翁は留下(のこ)る,
  晩境の昏困たるに。
  杯を傾け醉って聽く蛩雨,
  悲しく暗夜に鳴き,
  愁悶 排しがたし。
  切切と飛聲を飛ばして不斷に,
  訴ふ 情侶の欺き隱るるに。
  戀慕して久しければ、
  何んぞ怕(おそ)れん妖魔の,
  懷妊のため形骸を咬まんと欲するを。

  詩を裁して百歳 天分に隨い,
  寒齋に坐し、妄想 時運を失ふ。
  風花雪月 賞(め)づるに堪へ,
  香夢好し、繆斯(ミューズ)は誠懇。
  笑みて勸むる霞漿,
  滌洗す 神魂の,
  遺恨を蓄積せるを。
  諷詠して競ふ、
  例を擧げれば青蛙の,
  鼓噪(さわ)ぎて霖霖と奮ひをる と。

 雨霖鈴 詞譜・雙調103字,前段十句五仄韻,後段九句五仄韻 柳永
  ○○△仄,●○○●,●●○仄。○○▲▲△●,○○●●,○○○仄。●●○○▲●,●○▲○仄(一四)。●●▲、○●○○,●●○○●○仄。
  △○●●○○仄。●○○、●●○○仄。△○●▲△●,△●●、●○○仄。●●○○,○●○○,●▲○仄。●●●、△●○○,●●○○仄。
   ○:平声。●:仄声。
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   (一四):前の五字句は,上二下三ではなく,一・四に作る。その一は領字。
   仄:仄声の押韻。(拙作は中華新韻九文仄声の押韻)

画像
          鮟鱇喜海暝,大抵昏昏睡。點火口前燈,奇魚鱗聚戲。
          画:足柄金太郎 http://ashigara-kintarou.at.webry.info/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
秋蝉鳴盡,老翁留下,晩境昏困。起句,起得好,整首词的基调。
傾杯醉聽蛩雨,悲鳴暗夜,難排愁悶。深沉。
一地清愁
2016/07/25 09:27
>起得好,整首词的基调。
 ありがとうございます。
 慢詞は、出だしで方針が決まるときはあとが楽です。
獅子鮟鱇
2016/07/25 14:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
雨霖鈴・吟競殘蛩或鳴蛙 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる