獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 五七五 漢語で詠めば 七文字で 六五四も 三文字もあり

<<   作成日時 : 2016/08/29 06:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

 五七五が 世界最短 詩であると
 いう俳人は 世界を知らず
.
 日本語は 世界最長 だらだら語
 和語五七五は 漢語七音
.
 押韻を しつつ七言 俳句詠む
 やまと魂 桜を愛でつ
,
 夕霞下馬賞櫻花 (霞、馬、花。中華新韻一麻平仄両用の押韻)
 ゆうがすみうまおりめづるさくらばな
.
 俳人午飲賞櫻雲 (人、飲、雲。中華新韻九文平仄両用の押韻)
 はいじんがひるのみめづるさくらぐも
.
 六文字で すでに足ります 五七五
.
 賞櫻花徑春風 (櫻、徑、風。中華新韻十一庚平仄両用の押韻)
 さくらめではなのこみちにはるのかぜ
.
 香氣鶯啼花底 (氣、啼、底。中華新韻十二斉平仄両用の押韻)
 かおるきやうぐいすなけるはなのそこ
.
 五文字でも すでに足ります 五七五
.
 鶯囀山櫻散 (囀、山、散。中華新韻八寒平仄両用の押韻)
 うぐいすのさえずるやまやさくらちる
.
 四文字でも すでに足ります 五七五
.
 鶯競春櫻 (鶯、競、櫻。中華新韻十一庚平仄両用の押韻)
 うぐいすがはるをきそえるさくらかな
.
 三文字に添える詠嘆意味なくもやってみせます五七五
.
 鶯競櫻 (鶯、競、櫻。中華新韻十一庚平仄両用の押韻)
 うぐいすがきそうさくらでありにけり
.
 以下付録です ことのついでに 漢語でも
 五七五に詠む漢俳などを
.
     漢俳・山櫻花底俳人吟    2016.08.28 -47180
.
 風暖櫻雲涌。俳人吟和山鶯哢,花底如霞洞。
 ○●○○仄。○○○●○○仄,○●○○仄。
    ○:平声。●:仄声。仄:中華新韻十一庚仄声の押韻。
      
  風暖かく櫻の雲涌く。
  俳人が吟じて山の鶯の哢(さえず)りをると和さば,
  花の底は霞洞(かどう)のごとし。
.
 霞洞とは 仙洞のこと 仙人の居処
.
 五七五はつまりは十七音ですが
 俳句に先立つこと数百年
 十七音に詠む詩はすでに中国の宋の時代に生まれていて
 俳諧を詠むことを旨としていました。
.
     十七字詩・花底如霞洞    2016.08.28 -47181
.
 山笑櫻雲涌,俳人和鶯哢。春風花底如,霞洞。
 ○●○○仄,○○●○仄。○○○●○,○仄。
    ○:平声。●:仄声。仄:中華新韻十一庚仄声の押韻。

  山は笑って櫻雲涌き,
  俳人 鶯の哢ると和す。
  春風 花の底に,
  霞洞のごとし。

 詞書:山笑ひて櫻雲涌き俳人鶯の囀るに和して
 俳句:春風や霞洞のごとき花の底

皆で楽しく五七五(七七)ブログトーナメント - ポエムブログ村
皆で楽しく五七五(七七)ブログトーナメント

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
山笑櫻雲涌,俳人和鶯哢。山笑,写得真好,笑字春的模样尽出。
春風花底如,霞洞。断句断得巧。
一地清愁
2016/08/31 10:01
ありがとうございます。
山笑、日本の俳人が大好きな言葉ですが、もともとは宋の郭熙の言葉ですね。
>断句断得巧。
 十七字詩の第三句と四句は、繋げつつ切るのがよいように思っています。
獅子鮟鱇
2016/08/31 10:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
五七五 漢語で詠めば 七文字で 六五四も 三文字もあり 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる