獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 日文『希少なるも無価値』 と七言俳句と俳句と五言絶句と憑欄人

<<   作成日時 : 2016/08/06 05:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 希少なるものが価値があるとは限らない。
 そこで
 希少なるものと価値のあるものとどちらを採るか
 その選択をしなければならない時もある。
.
 私は希少なるものを求めたい。
 というより
 多くの人が価値があると認めるものを採らず
 気がつけば
 ただ希少なだけのことをついつい選んでいる。
.
 たとえば俳句
 季語を用い五七五に詠むきまりどおりの俳句を
 詠む気にはなれない。
 俳句を詠みたいと思い他に道がなければ止むをえないが
 不幸にも漢語の七言俳句を思い付いてしまい
 その道をいくことになった。
.
 漢語の七言俳句 それは
 漢字七文字で詠み
 それを仮名まじり文に読み下せば五七五になる
 というもの。
 季語はあったりなかったり。
.
 最終目的は和文での五七五
 そうなら初めから和文で五七五に詠めばよいではないか。
 それは私には面白くない。
 というより
 何を詠んだものか
 つまりは句に詠むべきことを
 思いつかない。
.
 私が詠む漢語の七言俳句は
 実は押韻俳句。
 七言は漢詩の七言句と同様に二二三に句読する。
 そして
 その二字目四字目七字目の三箇所で押韻する。
 押韻の形式はABA
 Aは主たる押韻でBは従たる押韻。
 ABともに同じ韻部で
 Aを平声の押韻とすればBは仄声
 Aを仄声の押韻とすればBは平声。
 押韻に主従を加えることで三句でありながら二句一章の趣きのある句になる。
.
 押韻俳句の長所は
 漢語二字があれば何を詠むかがシステマティックに決まることだ。
 たとえば
 漢語二字の末字を韻Aとし韻Bの漢語二字を探す。
 それで
 二二三の二二が決まる。
 あとは末字を韻Aとする三字句を考えばよい。
 漢語二字の末字を韻Bとしたり
 漢語二字+一字で末字を韻Aとする三字句を最初に決めたり
 あとは応用自在に詠めばよい。
 最初の二字は偶然
 あとは必然
 これが押韻俳句の長所その一
.
 押韻俳句の長所その二
 日本語は押韻が難しく
 たとえ押韻してもその効果があまりない言語だが
 漢語は
 漢詩に見るように
 押韻美が詩を散文から聖別する。
.
 そのようなやり方で私が作っている漢語の七言俳句は
 和文に読み下せば五七五の俳句になる。
 漢語七字の情報量は和文十七音のそれにほぼ等しく
 おおむね五七五になる。
.
 そこで漢語の七言俳句は
 和文に読めば五七五
 漢語で読むなら世界でもっとも短い押韻詩のひとつ
 ということになる。
 そして
 そういう和漢兼用の俳句を詠む者は
 世界でおそらくは私しかいない
 という希少性がある。
.
 その希少性
 漢詩を詠むことができる ということと
 日本語で詩句詠める   ということで
 はじめてなりたつしろものだ。
 つまりは
 日本の漢詩人でなければ詠めず
 日本の漢詩人であっても
 俳句は日本語で詠むもの と思い込んでいたり
 俳句よりも漢詩の方が上 
 などと俳句を馬鹿にしていては詠めない。
 そこで
 漢語の七言俳句を詠む者は
 世界広しといえども私しかいない。
.
 しかし その希少性
 価値があるかといえば価値がない。
 私にしか詠めない
 そんな詩に価値があるはずがない。
 ただ 私には
 漢字七文字で押韻詩を作ることができ
 それはそれで面白い
 という以上のものではない。
.
     七言俳句・緑酒滿金杯 2016.08.05 -47008

 白首金秋斟緑酒

 ○仄○平○●仄
    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻七尤平仄両用の押韻。

 俳句
  白首あり金秋に斟む緑酒
  はくしゅありきんしゅうにくむりょくしゅ


 ついでに

     五言絶句・青女陪白首 2016.08.05 -47009

 青女陪白首,金秋斟緑酒。夜寒霜滿天,雪髪輝長壽。

 ○●○○仄,○○○●仄。●○○●○,●●○○仄。
       ○:平声。●:仄声。仄:中華新韻七尤仄声の押韻

  青女(霜の神)の陪せる白首(白髪の老人),
  金秋に緑酒を斟む。
  夜は寒く霜 天に満ち,
  雪髪 長壽に輝やけり。

 さらに

     憑欄人・買得稀少卮 2016.08.05 -47010

 老作俳人賣宝石,不適清遊無価値。而沽稀少卮,洗滌瘋漢痴。


  老いて俳人となりて売る宝石,
  適清遊に適さず無価値なり。
  而して沽(買)へる稀少なる卮,
  洗滌す 瘋漢の痴(おろか)なるを。

 憑欄人 詞譜・單調24字,四句四平韻 邵亨貞
  ▲●○○▲●平,○●○○○●平。○○△●平,●○○●平。
   ○:平声。●:仄声。平:平声の押韻。(拙作は中華新韻十三支平声)
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。

希少価値ブログトーナメント - セクマイ・嗜好ブログ村
希少価値ブログトーナメント

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
青女陪白首,金秋斟緑酒。句间,句内,都成对,真巧。
一地清愁
2016/08/09 10:28
ありがとうございます。
色の対は、作っていてとても楽しいです。
獅子鮟鱇
2016/08/09 12:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
日文『希少なるも無価値』 と七言俳句と俳句と五言絶句と憑欄人 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる