獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS お名前を拝借いたし詩を献ず 七言絶句 漢俳 漢語短歌を鶴頭格で

<<   作成日時 : 2016/08/11 09:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

 人からの聞きかじりだが
 寺山修司は詩は電話帳からでも詠めると嘯いたとか。
 しかし それを
 日本の詩歌で実践してみた詩人がいるのかのどうか。
.
 電話帳を開くかどうかはともかく
 人名を詩材にする詩
 漢詩では昔からやっている。
 ひとつは史詩
 ひとつは鶴頭格の詩。
 鶴頭格は
 人のお名前をお借りして
 その一字一字を句頭に配置し一首を詠む。
 四字の人名であれば絶句鶴頭格
 三字なら五七五の漢俳鶴頭格
 五字なら五七五七七の漢語短歌鶴頭格
 にするのが手軽。
 なお
 二字なら李白先生とかして
 四字にし絶句で詠めばよい。
.
 たとえば山田一郎さん
.
     七言絶句鶴頭格・山田一郎先生高雅

 村最好百花春,  山村最も好きは百花の春,
 路風柔香色新。  田路 風柔らかく香りも色も新たなり。
 目生情易吟句,  一目すれば生情を生じ句を吟じやすく,
 當漫歩作俳人。  郎當(ゆったり)漫歩し俳人となる。

 たとえば鈴木愛さん

     漢俳鶴頭格・鈴木愛女士高雅

 語風檐爽,     鈴の音は風ある檐に爽やかに,
 榻臨溪景堪賞。  木榻は溪に臨んで景 賞するに堪ふ。
 人含笑望。     愛人(妻)は笑みを含んで望みをり。

  木榻:木製の腰掛。長椅子。

 たとえば石原一太朗さん

     漢語短歌鶴頭格・石原一太朗先生高雅

 火電光輝,     石火電光輝くは,
 來如此夢魂飛,  原來 此くのごとく夢魂飛び,
 生歸骨灰。     一生 骨灰に歸す。
 平盛世愛山水,  太平の世なれば山水を愛し,
 朗行吟風韻追。  朗朗と行吟しつつ風韻を追ふ。

 詩譜:

     七言絶句鶴頭格・山田一郎先生高雅  2016.08.11 -47055

 山村最好百花春,田路風柔香色新。一目生情易吟句,郎當漫歩作俳人。
 ○○●●●○平,○●○○○●平。●●○○●○●,○○●●●○平。
                ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻

     漢俳鶴頭格・鈴木愛女士高雅       2016.08.11 -47056

 鈴語風檐爽,木榻臨溪景堪賞。愛人含笑望。
 ○●○○仄,●●○○●○仄。●○○●仄。
                ○:平声。●:仄声。仄:中華新韻十唐仄声の押韻

     漢語短歌鶴頭格・石原一太朗先生高雅 2016.08.11 -47057

 石火電光輝,原來如此夢魂飛,一生歸骨灰。太平盛世愛山水,朗朗行吟風韻追。
 ○●●○平,○○○●●○平,○○○●平。●○●●●○●,●●○○○●平
                ○:平声。●:仄声。平:中華新韻五微平声の押韻

名前・・・ブログトーナメント - ポエムブログ村
名前・・・ブログトーナメント

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
昔退職するパートさんにありきたりの短歌を送り、「声に出して読んでご覧」としたら大変感謝されました。自分の名前が隠し題で折句になっているので 。勿論元の職場にも遊びに来てねと言う意味にしました。
玉詩を拝読して こう上手く句が出来たらと毎回思います。
自閑
2016/08/11 21:55
自閑さま
 コメントありがとうございます。

 折句,なるほど人名も詠みこめますね。
>勿論元の職場にも遊びに来てねと
 そうですね。そういう心が大事ですね。上掲拙作は仮名ですので気楽につくりましたが、贈答の場合は相手にどう思われるかで悪戦苦闘します。
>玉詩を拝読して・・・
 過褒、恐縮です。
獅子鮟鱇
2016/08/11 22:32
欣賞佳作。
山村最好百花春,田路風柔香色新。美景。
一目生情易吟句,郎當漫歩作俳人。一目生情,好句。
一地清愁
2016/08/16 14:12
ありがとうございます。
架空の人物の假名を使って遊びました。
獅子鮟鱇
2016/08/16 20:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
お名前を拝借いたし詩を献ず 七言絶句 漢俳 漢語短歌を鶴頭格で 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる