獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 汗流浹体 汗流浹背 汗流浹踵 五七令と短歌と俳句 と七言絶句

<<   作成日時 : 2016/08/14 06:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 汗流浹体:汗が全身に流れる。極度に驚き懼れることを形容する。
 汗流浹背:汗が背中に流れる。非常恐れ、また怖がることを形容する。また、単に大いに汗をかくこと。
 汗流浹踵:汗が流れて踵にまでいたる。極端に怖がり、また愧じることを形容する。
.
     五七令・汗流浹體      2016.08.13 -47074
.
 夢逢冥界妻,汗流浹體買嫌疑。
 ●○○●平,●○○仄●○平。
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻十二斉平仄両用の押韻。

  夢に逢冥界の妻に逢ふ,
  汗は流れて体を浹(うるほ)し
  嫌疑を買ふ。

     五七令・汗流浹背      2016.08.13 -47075

 驚雷落酒杯,汗流浹背醉魂飛。
 ○○●●平,●○○仄●○平。
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻五微平仄両用の押韻。

  雷に驚いて酒杯を落とし,
  汗は流れて背を浹(うるほ)し
  醉魂飛ぶ。

 「驚雷落酒杯」句には問題あり、「驚雷 酒杯に落つ」と読まれそうだ。

 短歌
  雷に驚き酒杯落としたり冷や汗流れて醉魂飛ぶ

 俳句
  雷や冷や汗流れ醉ひも醒む

     五七令・汗流浹踵      2016.08.13 -47076

 墓地晩鐘鳴,汗流浹踵軟風腥。
 ●●●○平,●○○仄●○平。
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻五微平仄両用の押韻。

  墓地に晩鐘鳴る,
  汗は流れて踵を浹(うるほ)し
  軟らかき風 腥(なまぐさ)し。

     七絶・汗流浹體       2016.08.13 -47077

 酒精有效構思奇,戲作女仙翻羽衣。眼底詩豪擅朱筆,汗流浹體透氷肌。
 ●○●●●○平,●●●○○●平。●●○○●○●,○○●●●○平。
                ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻

  酒精に效あり構思(構想)奇にして,
  戲れに女人の羽衣を翻すとなる。
  眼底の詩豪 朱筆をほしいままにし,
  汗流浹體 氷肌 透ける。
画像
          鮟鱇喜海暝,大抵昏昏睡。點火口前燈,奇魚鱗聚戲。
          画:足柄金太郎 http://ashigara-kintarou.at.webry.info/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣賞佳作。
酒精有效構思奇,戲作女仙翻羽衣。翻羽衣,美句。
一地清愁
2016/08/16 13:17
ありがとうございます。
羽衣、天衣、好きな言葉です。
獅子鮟鱇
2016/08/16 16:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
汗流浹体 汗流浹背 汗流浹踵 五七令と短歌と俳句 と七言絶句 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる