獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 七絶・醉佯風漢裁詩巧 (醉って風漢のふりをし作詩巧み)

<<   作成日時 : 2016/10/08 05:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

     七絶・醉佯風漢裁詩巧    2016.10.07 -47453
.
 先買音書與筆刀,而傾美酒聳肩高。醉佯風漢裁詩巧,朗朗飛聲意氣豪。
 ○●○○●●平,●○●●●○平。●○○●○○●,●●○○●●平。
                ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻

  先ず音書と筆刀を買ひ,
  而して美酒を傾け肩を聳やかして高し。
  醉って風漢の佯(ふり)をすれば裁詩巧みに,
  朗朗と聲を飛ばして意氣豪なり。
画像
          鮟鱇喜海暝,大抵昏昏睡。點火口前燈,奇魚鱗聚戲。
          画:足柄金太郎 http://ashigara-kintarou.at.webry.info/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
醉佯風漢裁詩巧,朗朗飛聲意氣豪。好句。
一地清愁
2016/10/18 14:20
ありがとうございます。
たまたまできた作で、成語を用いていません。
可もなく不可もなく、ですね。
獅子鮟鱇
2016/10/18 16:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
七絶・醉佯風漢裁詩巧 (醉って風漢のふりをし作詩巧み) 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる