獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 七絶・以假亂眞

<<   作成日時 : 2016/10/24 13:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 以假亂眞:虚假を用い真実を混乱させること。
.
     七絶・以假亂眞
.
 繆斯消遣勸金杯,以假亂眞紛是非。醉叟裁詩迷筆路,櫻花開處墨鴉飛。
 ●○○●●○平,●●●○○●平。●●○○○●●,○○○●●○平。
                ○:平声。●:仄声。平:中華新韻五微平声の押韻

  繆斯(ミューズ)消遣(気晴らし)に金杯を勧め,
  假を以って眞を亂し是非を紛ず。
  醉叟の裁詩 筆路に迷い,
  櫻花開く處 墨鴉飛ぶ。

 墨鴉:鵜(方言)。書法の拙劣なるを比喩する。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
櫻花開處墨鴉飛。美句。前有笔路,所以有墨鸦飞。巧思。
一地清愁
2016/10/28 15:27
ありがとうございます。
筆路、墨、硯池で構成されている山河は、虚実を詠むことができますので、とても楽しいです。
獅子鮟鱇
2016/10/28 21:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
七絶・以假亂眞 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる