獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 面若死灰 心若死灰 七言絶句二首と四七令と短歌と俳句

<<   作成日時 : 2016/11/26 09:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 心若死灰:外のことに心を動かされない一種の精神状態。また、灰心失意を形容。
 面若死灰:心情極度に沮喪しあるいは驚き恐れ顔色が灰のごとく暗いことを形容。
.
      七絶・面若死灰       2016.11.25 -47796
.
  驚聞酒宴罵聲轟,回看閻羅叱怠工。面若死灰皆恐懼,叩頭謝罪請酌刑
  ○○●●●○平,○●○○●●平。●●○○○●●,○○●●●○平。
                ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻

  驚き聞く 酒宴に罵聲轟き,
  回看す 閻羅の怠工を叱るを。
  面は死灰のごとく皆恐懼し,
  叩頭謝罪して刑を酌するを請ふ。

 請酌刑←請刑輕:一地清愁さんの指正により修正。

      七絶・心若死灰       2016.11.25 -47797

  欲排愁悶啜山杯,酒洗寒心若死灰。重振精神揮畫筆,將描仙子任風飛。
  ●○○●●○平,●●○○●●平。○●○○○●●,○○○●●○平。
                ○:平声。●:仄声。平:中華新韻五微平声の押韻

  愁悶を排さんと欲して山杯を啜れば,
  酒は寒心の死灰の如きを洗ふ。
  重振精神(気を取り直して)揮畫筆を揮ひ,
  將に描かんとす 仙子の風に任せて飛ぶを。

      四七令・面若死灰      2016.11.25 -47795

  面若死灰,白頭碧涙滿金杯。
  ○●●平,○○●仄●○平
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻五微平仄両用の押韻。

   面は死灰のごとく,
   白頭の碧涙
   金杯に滿つ。

     四七令・心若死灰      2016.11.25 -47797

  心若死灰,無端垂涙落金杯。
  ○●●平,○○○仄●○平
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻五微平仄両用の押韻。

  心は死灰のごとく,
  端なくも垂れし涙
  金杯に落つ。

 短歌
  死せる灰のごごき心の端なくも垂るる涙の落つる金杯

 俳句
  心の灰洗ふ涙やの杯に落ち

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
面若死灰皆恐懼,叩頭謝罪請刑輕。刑轻,读来很绕口。请减刑,可能顺口些。
重振精神揮畫筆,將描仙子任風飛。任风飞,美句。

两首诗的构思很巧妙。
一地清愁
2016/11/29 12:33
对不起,减字,仄声。不可。
一地清愁
2016/11/29 12:37
可用——酌刑——。
一地清愁
2016/11/29 12:43
請+動詞 という流れの方がよいということですね。
指正ありがとうございます。

獅子鮟鱇
2016/11/29 16:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
面若死灰 心若死灰 七言絶句二首と四七令と短歌と俳句 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる