獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 担雪填河→ 五律・担雪填河上蜃樓

<<   作成日時 : 2016/11/30 16:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

     五律・担雪填河上蜃樓    2016.11.30 -47832
.
 詩翁徒却老,醉扮鳳求凰。担雪携才筆,填河渡夢郷。
 繆斯含笑訝,靈液滿杯香。情話調平仄,蜃樓春夜長。

  詩翁徒らに老いを却(しりぞ)け,
  醉って扮す 鳳の求凰を求むるに。
  雪を担って才筆を携え,
  河を填め夢郷へ渡る。
  繆斯笑みを含んで訝(むか)へ,
  靈液 杯に満ちて香る。
  情話 平仄を調へ,
  蜃樓に春の夜長し。

 担雪填河:雪を担いで河を填めようとすること。徒労にして功なきを比喩。

 五言律詩平起式詩譜:
  △○○●●,▲●●○平。▲●△○●,△○▲●平。
  △○○●●,▲●●○平。▲●△○●,△○▲●平。
   ○:平声。●:仄声。平:平声の押韻(拙作は中華新韻十唐平声)。
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   なお、二字目の孤平(●○●)は不可。挟み平(○○●○●)は可。
   また、第一句は、△○▲●平 でもよい。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
情話調平仄,蜃樓春夜長。好句。
一地清愁
2016/12/05 11:38
ありがとうございます。
●話調平仄、いささか多用し過ぎですが、好きな句です。
獅子鮟鱇
2016/12/05 16:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
担雪填河→ 五律・担雪填河上蜃樓 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる