獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 七絶・履霜知氷

<<   作成日時 : 2016/11/03 08:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 履霜知氷:事物の徴兆を見てその厳重な後果を予知することを比喩する。
.
     七絶・履霜知氷       2016.11.02 -47635
.
 履霜七歩早知氷,詩叟花錢買酒瓶。不忍冬寒難取暖,必需杯盞正堪傾。
 ●○○●●○平,○●○○●●平。●●○○○●●,●○○●●○平。
               ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十一庚平声の押韻 

  霜を履(ふ)んで七歩 早(つと)に氷を知り,
  詩叟 錢を花(ついや)して買酒瓶を買ふ。
  忍びず 冬寒 暖取り難く,
  必需なり 杯盞の正に傾くに堪ふるは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
七絶・履霜知氷 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる