獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 五絶・寒灰更然夜臺

<<   作成日時 : 2016/11/23 11:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 寒灰更然:然は燃。再び生気を取り戻すことを比喩。
.
     五絶・寒灰更然夜臺     2016.11.23 -47780
.
 妙想碧天開,詩魂醒夜臺。寒灰更然處,攜酒繆斯來。
 ●●●○平,○○●●平。○○●○●,○●●○平。
       ○:平声。●:仄声。平:中華新韻四開平声の押韻

  妙想碧天に開き,
  詩魂 夜臺(墳墓)に醒む。
  寒灰更に然ゆる處,
  酒を携へ繆斯(ミューズ)來たる。

 別案
  夜台→釣台

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
妙想碧天開,詩魂醒夜臺。醒字好。
寒灰更然處,攜酒繆斯來。缪斯来,结得好。
一地清愁
2016/11/25 10:53
ありがとうございます。
攜酒繆斯來、いつも抱琴なので携酒にしてみました。
七言なら琴、五言だから酒。琴→酒は、平仄のなせる技でもあります。
獅子鮟鱇
2016/11/25 17:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
五絶・寒灰更然夜臺 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる