獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 七律・繆斯憐醉叟

<<   作成日時 : 2016/12/01 09:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

七律・醉 夢」について
.
 詩友陳興さん提起の
 陶淵明「山氣日夕佳,飛鳥相與還」句の十人十詩。
 七律・醉夢をボツにしたかわりに次を投稿した。

     七律・繆斯憐醉叟      2016.12.01 -47837 実は2016.11.28作

 仙女花唇吐青鳥,詩箋凍土迎丹曉。白頭磨墨想星眸,翠黛畫眉伸歲杪。
 凌寒共上蜃樓高,傾杯惜恐餘生少。眼前鼻哂繆斯憐,醉叟仰瞻天窈杳。

  仙女の花の唇 青鳥を吐き,
  詩箋の凍土 丹曉を迎ふ。
  白頭 墨を磨いて星眸を想ひ,
  翠黛 畫きたる眉 歲杪に伸ぶ。
  寒を凌いで共に蜃樓の高きに登り,
  杯を傾けて惜しみ恐る 餘生の少なきを。
  眼前に鼻哂せる繆斯(ミューズ)憐れむ,
  醉叟 天の窈杳たるを仰ぎ瞻(み)をるを。

 この作は、仄声(平水韻上聲十七篠)の押韻。
 仙女花唇吐青鳥,詩箋凍土迎丹曉。白頭磨墨想星眸,翠黛畫眉伸歲杪。
 ○●○○●○仄,○○●●○○仄。●○○●●○○,●●○○○●仄
 凌寒共上蜃樓高,傾杯惜恐餘生少。眼前鼻哂繆斯憐,醉叟仰瞻天窈杳。
 ○○●●●○○,○○●●○○仄。●○●●●○○,●●●○○●仄

 仄声押韻の七律は詠まれないと思っていたが、最近の中国ではそれも通用しているようだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
陶淵明の名句「山氣日夕佳,飛鳥相與還」の十字を韻字にみんなで七言律詩を詠んだ
「古詩『伊豆舞女歌』 陳興」について .  白楽天の『長恨歌』は60韻840字の長詩だが  それを上回る100韻1400字の大作『伊豆舞女歌』を10月に詠んだ詩友陳興さんは  11月に  陶淵明の名句「山氣日夕佳,飛鳥相與還」の十字を律詩の首句の韻字に使い  十人がひとり一首  合計十編の七言律詩を詠むというネット詩会を開催した。 .  誰がどの字を韻字に選ぶかは自由で早いもの勝ち  同じ韻字を二人が選んだら早く投稿した者が採用されるというルール。  私は一作がボツ、一... ...続きを見る
獅子鮟鱇詩詞
2016/12/11 20:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
凌寒共上蜃樓高,傾杯惜恐餘生少。好句。
一地清愁
2016/12/05 11:11
ありがとうございます。
仄韻の律詩、いつもと勝手が違い結構難しかったです。
獅子鮟鱇
2016/12/05 16:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
七律・繆斯憐醉叟 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる