獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 遁跡黄冠 遁跡桑門 五言絶句と五七令と短歌と俳句

<<   作成日時 : 2016/12/10 07:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 遁跡黄冠:塵世を避て道士になること。
 遁跡桑門:出家して僧になること。桑門は即ち沙門。
.
      五絶・遁跡黄冠       2016.12.09 -47896

  遊魂傾緑酒,遁跡戴黄冠。樗叟醺然仰,鴉鳴過碧天。
  ○○○●●,●●●○平。○●○○●,○○●●平。
        ○:平声。●:仄声。平:中華新韻八寒平声の押韻

  魂を遊ばせて緑酒を傾け,
  跡を遁(かく)して黄冠を戴く。
  樗叟 醺然と仰げば,
  鴉鳴いて過碧天を過ぐ。

      五絶・遁跡桑門       2016.12.09 -47897

  傾杯難解悶,遁跡桑門。後悔生涯酒,空流洗世塵。
  ○○○●●,●●●○平。●●○○●,○○●●平。
        ○:平声。●:仄声。平:中華新韻八寒平声の押韻

  杯を傾くるも悶え解きがたく,
  跡を遁(かく)して桑門を叩く。
  後悔す 生涯の酒,
  空しく流れて世塵を留む。

 遁跡桑門←遁跡桑門:一地清愁さんの指正による。
  叩桑門も考えたが、遁跡を受けての語としては、入がよい。
 遁跡桑門←遁跡桑門:一地清愁さんの指正により再考

      五七令・遁跡黄冠      2016.12.09 -47898

  白頭啜金盞,遁跡黄冠仰銀漢。
  ○○●○仄,●●○平●○仄。
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻八寒平仄両用の押韻。

  白頭は金盞を啜る,
  跡を遁(かく)し黄冠は
  銀漢を仰ぐ。

      五七令・遁跡桑門      2016.12.09 -47899

  念佛難解悶,遁跡桑門留雪鬢。
  ●○○●仄,●●○平○●仄。
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻九三皆平仄両用の押韻。

  念佛をするも悶えは解き難く,
  跡を遁(かく)し桑門
  雪鬢を留(たくは)ふ。

 短歌
  念佛をするも悶えは解きがたく遁跡桑門(トンセキソウモン)雪鬢たくはふ。

 俳句
  跡遁(かく)す沙門に生ゆる雪の鬢


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
遊魂傾緑酒,遁跡戴黄冠。对得好,戴字加得好。
樗叟醺然仰,鴉鳴過碧天。结句,留下了余白。好诗。

傾杯難解悶,遁跡作桑門。成语加一字,是先生的独创。入桑门,好像更好。
一地清愁
2016/12/12 11:25
>入桑门,好像更好。
 ありがとうございます。
 確かに作桑門よりも入桑門の方がいいですね。
 賈島のことを思いながら、叩桑門ではどうでしょうか。
獅子鮟鱇
2016/12/12 12:23
叩字妙极了。
一地清愁
2016/12/13 10:26
ありがとうございます。
それでは、叩字に。
平声なら推敲、仄声なら入叩!
獅子鮟鱇
2016/12/13 18:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
遁跡黄冠 遁跡桑門 五言絶句と五七令と短歌と俳句 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる