獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 丁酉年賀準備 其一 漢俳と迎春樂

<<   作成日時 : 2016/12/18 11:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

      漢俳・丁酉新懷        2016.12.18 -47946
.
  三元啜三酉,吟競金鷄共詩友。雅意皆光有。
  ○○●○仄,○●○○●○仄。●●○○仄
      ○:平声。●:仄声。仄:中華新韻七尤仄声の押韻
    
  三元に三酉を啜り,
  吟じて金鷄と競ふ 詩友と共に。
  雅意 皆が光有(所有)せり。

  酉 友 有は同音(you3)。
  それをよしとするかどうか。

      漢俳・丁酉新懷        2016.12.18 -47946 -2

  三元啜三酉,吟競金雞與詩友。風流當共有。
  ○○●○仄,○●○○●○仄。○○○●仄
      ○:平声。●:仄声。仄:中華新韻七尤仄声の押韻

  三元に三酉を啜り,
  吟じて金鷄と競ふ 詩友と。
  風流 まさに共有すべし。

      迎春樂・丁酉新懷       2016.12.18 -47947

  金鷄破曉鳴開朗,白頭醒、喜無恙。賀新年、笑對良妻諒,傾玉盞、誇洪量。
  到正午、遊魂酣暢,試醉筆、裁詩堪賞。字眼清輝吉兆,浩氣充天亮。

  金鷄 破曉に開朗(ほがらか)に鳴き,
  白頭醒めて、恙なきを喜ぶ。
  新年を賀し、笑って對せば良妻 諒とす,
  玉盞を傾け、誇洪量を誇るを。

  正午に到り、魂を遊ばせて酣暢,
  醉筆を試みて、詩の賞するに堪ふるを裁す。
  字眼 清らかに輝くは吉兆,
  浩氣 天の亮(あきら)かなるに充つ。

 迎春樂 詞譜・雙調52字,前段四句四仄韻,後段四句三仄韻 柳永
  ▲○△●○○仄,▲▲▲、△○仄。●○○、●●○○仄,▲●●、○○仄。
  △●●、△○△仄,▲▲●、△○○仄。●●○○△●,●●○○仄。
   ○:平声。●:仄声。
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   仄:仄声の押韻。(拙作は中華新韻十唐)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
金鷄破曉鳴開朗,白頭醒、喜無恙。开句真好,点题,又很风趣。

到正午、遊魂酣暢,試醉筆、裁詩堪賞。
—到正午—,对应上半阕的破晓。作为转折词语,用得巧。

字眼清輝吉兆,浩氣充天亮。结句很有气魄。
一地清愁
2016/12/20 09:46
ありがとうございます。
新年のための試作です。
白頭醒、喜無恙、気に入っています。
獅子鮟鱇
2016/12/20 15:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
丁酉年賀準備 其一 漢俳と迎春樂 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる