獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 迎春 四首

<<   作成日時 : 2017/01/14 08:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 桐山人先生の漢詩総合サイト『桐山堂(漢詩を創ろう)』
   http://tosando.ptu.jp/
 で開催されている『新年漢詩』にはすでに詩詞11首を投稿しているが
 次の四首も追加投稿した。
 世界漢詩同好會第46回総会(2017年2月5日)への参加を兼ねたもの。
 詩題は『迎春』 韻目は「下平声二蕭」(他韻も可)。
 拙作はいずれも「下平声二蕭」。

      五絶・迎 春        2017.01.13 -48140

  贅翁香夢醒,無恙坐元朝。恭賀新年酒,詩泉涌紙條。

  贅翁(隠居の翁)香夢に醒め,
  恙なく元朝に坐す。
  恭賀新年の酒,
  詩泉 紙條(メモ用紙)に涌く。

      七絶・迎 春        2017.01.13 -48141

  海灣滄浪洗岩礁,夫婦傾杯賀歳朝。旅館温泉露天涌,早梅映水暗香飄。

  海灣の滄浪 岩礁を洗ひ,
  夫婦 杯を傾けて歳朝を賀す。
  旅館の温泉 露天に涌き,
  早梅 水に映って暗香飄ふ。

      五律・迎 春        2017.01.13 -48142

  旅亭南海趣,院落立芭蕉。無恙迎晨旭,傾杯賀歳朝。
  老妻誇酒量,贅叟試生描。畫贊堪裁處,題詩轉倨驕。

  旅亭に南海の趣き,
  院落に立つ芭蕉。
  恙なく晨旭(朝日)を迎へ,
  杯を傾けて歳朝を賀す。
  老妻 酒量を誇り,
  贅叟 生描(写生)を試む。
  画賛 裁くに堪ふる處,
  詩を題して轉(うたた)倨驕(おご)る。

      七律・迎 春        2017.01.13 -48143

  目送神猿渡歳橋,金鷄報曉立元朝。傾杯醉作風人笑,乘興試揮才筆驕。
  箋紙雪原無理路,詩魂航跡向燈標。眼前鼻哂山妻指,聲病膏肓難取消。

  神猿の歳橋を渡るを目送し,
  金鷄 曉を報じて元朝に立つ。
  杯を傾け醉って風人の笑ふとなり,
  興に乘り試しに才筆の驕るを揮ふ。
  箋紙の雪原に理路無く,
  詩魂の航跡は燈標へ向かふ。
  眼前に鼻で哂(わら)って山妻指すに,
  聲病 膏肓にありて取り消し難し。

画像
  鮟鱇喜海暝,大抵昏昏睡。點火口前燈,奇魚鱗聚戲。  画:足柄金太郎

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
迎春 四首 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる