獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 鷄犬◆◆  [中呂]醉高歌と七言俳句と俳句と五七令と短歌

<<   作成日時 : 2017/01/02 16:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 鷄犬皆仙:漢の淮南王劉安修が仙藥を作り,余ったそれを庭に撒いたところ鷄と犬がそれを食べ昇天した。
  役人一人が出世したおかげで関係のある人らもともに勢いを得ることを比喩する。
 鷄犬桑麻:郷村の安静なる生活を形容。
 鷄犬不寧:騷擾にして鷄も犬も安寧を得られないこと。
 鷄犬不留:屠殺の残酷なるを形容,鷄も犬も生き長らえることができないこと。
 鷄犬不驚:行軍の紀律厳明にして,鷄も犬も驚かないこと。平安無事。
.
      [中呂]醉高歌・鷄犬桑麻   2017.01.02 -48052
.
  白雲閑涌山頭,鷄犬桑麻素秋。詩翁野店傾村酒,美醉裁詩信口。

  白雲 閑に山頭に涌き,
  鷄犬桑麻なる素秋。
  詩翁 野店に村酒を傾け,
  美醉し詩を裁するに口に信(まか)す。

[中呂]醉高歌 曲譜・25字
  △○▲●○平,▲●○○●上(or平)。△○▲●○○仄,▲●○○●上(or平)。
   ○:平声。●:仄声。
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   平:平声の押韻。上:上声の押韻。仄:仄声の押韻。
    押韻はいずれも同韻部(拙作は中華新韻十二斉)

      七言俳句・鷄犬皆仙      2017.01.02 -48050

  鷄犬皆仙於酒館。
  ○仄○平○●仄
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻八寒平仄両用の押韻。

  鷄も犬も
  皆仙なり
  酒館にて。

 俳句
  鷄(とり)も犬もみな仙となる酒館かな

      五七令・鷄犬桑麻       2017.01.02 -48051

  閑徑櫻花下,鷄犬桑麻人罵馬。
  ○●○○仄,○●○平○●仄。
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻一麻平仄両用の押韻。

  閑徑 櫻花の下,
  鷄犬桑麻
  人 馬を罵りをり。

      五七令・鷄犬不寧       2017.01.02 -48053

  俳人喜吟詠,鷄犬不寧鳴任性。
  ○○○●仄,○●○平●○仄。
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻十一庚平仄両用の押韻。

  俳人 吟詠を喜べば,
  鷄犬 寧(やす)からず
  性に任せて鳴く。

      七言俳句・鷄犬不安      2017.01.02 -48054

  鷄犬不安人忘飯。
  ○仄●平○●仄
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻八寒平仄両用の押韻。

  鷄犬
  安からず
  人は飯を忘る

      五七令・鷄犬不留       2017.01.02 -48055

  貪欲人食肉,鷄犬不留除老叟。
  ○●○○仄,○●●平○●仄
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻七尤平仄両用の押韻。

  貪欲なり 人 肉を食ふ,
  鷄犬 留らず
  除老叟を除き。

 短歌
  貪欲に人は肉食ひ鶏も犬も残らず老叟除き

      五七令・鷄犬不驚       2017.01.02 -48056

  蟻軍征小徑,鷄犬不驚人有餅。
  ●○○●仄,○●●平○●仄。
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻十一庚平仄両用の押韻。

  蟻軍 小徑を征(い)く,
  鷄犬 驚かず
  人に餅あり。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
詩翁野店傾村酒,美醉裁詩信口。
美句。裁诗信口。
一地清愁
2017/01/04 10:06
ありがとうございます。
醉高歌、七絶は少々食傷気味ですので、かわりによく詠むようになりました。
獅子鮟鱇
2017/01/04 15:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
鷄犬◆◆  [中呂]醉高歌と七言俳句と俳句と五七令と短歌 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる