獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 霜天曉角・隋珠和玉

<<   作成日時 : 2017/02/02 14:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

憶少年 『隋珠和璧 (隋侯の珠と和氏の璧)』」について
.
 隋珠和玉:隋侯の珠と和氏の璧。ひろく珍宝をいう。
.
      霜天曉角・隋珠和玉     2017.02.02 -48284
.
  詩詞韻律,是隋珠和玉。清耀光芒靈驗,使樗叟、求佳句。
  笑擧,杯酒緑,春天擅風趣。遊目當然着想,把鉛筆、題飛絮。

  詩詞の韻律,
  是れ隋珠和玉。
  清らかに耀やく光芒 靈驗にして,
  樗叟をして、佳句を求めしむ。

  笑って擧ぐ,
  杯酒の緑,
  春天 風趣を擅(ほしいまま)にす。
  目を遊ばせれば當然着想あり,
  鉛筆を把り、飛絮を題とす。

 霜天曉角 詞譜・雙調43字,前段四句三仄韻,後段五句四仄韻 林逋
  △○△仄,▲▲○△仄。▲●▲○△●,△△●、△△仄。
  ▲仄,△●仄,▲△△▲仄。▲●△○△●,▲▲●、△△仄。
   ○:平声。●:仄声。
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   仄:仄声の押韻。(拙作は中華新韻十二斉)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
遊目當然着想,把鉛筆、題飛絮。
当然,用得潇洒。着想二字也好。
一地清愁
2017/02/06 14:07
>当然,用得潇洒。着想二字也好。
 ありがとうございます。
 自信なさげに着想するよりは堂々としてみたいものだということで当然を用いました。
獅子鮟鱇
2017/02/06 15:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
霜天曉角・隋珠和玉 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる