獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 一枝春 『日麗風和將訪詩苑(日は麗しく風なごめばまさに詩苑を訪ねん)』

<<   作成日時 : 2017/02/07 10:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一枝春・日麗風和將訪問詩苑 2017.02.07 -48311
.
  日麗風和,坐茅齋、探討詩林形勝。皚皚紙面,恰似雪原清冷。將開進路,下仙筆、善生香夢。千里走、身在桃源,悦目絳雲朝景。
  絶妙好辭彪炳,百花鮮、闘媚爭妍芳徑。欣然看到,野店酒泉酣涌。姑娘淺笑,勸家釀陳年清聖。傾玉盞、吟化鸚哥,與鶯巧哢。
..
 日は麗らかに風なごめば,
 茅齋に坐り、
 詩林の形勝を探討す。
 皚皚たる紙面,
 あたかも似る 雪原の清冷なるに。
 まさに進路を開かんとして,
 下す仙筆、善く香夢を生ず。
 千里を走(ゆ)き、身は桃源にあり,
 目を悦ばす絳雲の朝景。
..
 絶妙の好辞 彪炳として,
 百花鮮やかに、
 媚を闘はせ妍を争ふ芳径あり。
 欣然として看る到る,
 野店に酒泉の酣(たけなわ)に涌くを。
 姑娘 淺笑(微笑)し,
 勸むるは家釀(自家製)の陳年の清聖(年経たる清酒)。
 玉盞を傾け、吟じて鸚哥に化し,
 巧みに哢(さえず)る 鶯とともに。

 日麗風和:和風習習、陽光燦爛。天気晴朗にして暖和なるを形容。

 一枝春 詞譜・雙調94字,前段八句四仄韻,後段八句五仄韻 楊纘 ×
  ▲●○○,●○○、●●○○○仄。○○●●,●●●○○仄。○○●●,●○●、●○○仄。○●▲、○●○○,●△●○○仄。
  ○△●○▲仄,●○○、●●○○○仄。○○●●,△●●○△仄。○○●●,▲△●●○○仄(一六)。○●▲、▲●○○,●○●仄。
   ○:平声。●:仄声。
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   仄:仄声の押韻。(拙作は中華新韻十一庚)

詩詞170207・・ブログトーナメント - ポエムブログ村
詩詞170207・・ブログトーナメント

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一枝春 『日麗風和將訪詩苑(日は麗しく風なごめばまさに詩苑を訪ねん)』 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる