獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ櫻を詠もう 其四十八之二十五 寄調金蕉葉

<<   作成日時 : 2017/03/31 15:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

      金蕉葉・醉賞櫻雲遊玉洞   2017.03.31 -48681
.
  櫻雲盛涌,繞山湖、碧漣照映。賞香雪、如蝶順性,任風飛曲徑。
  日暮春寒冷冷,啜温醪、旅亭酩酊。枕肱横、鼾眠做夢,醉魂遊玉洞。

  櫻雲 盛んに涌き,
  繞りたる山湖に、碧漣 照映(かがや)く。
  賞(め)でたる香雪、蝶の性に順ふ如く,
  風に任せて曲徑に飛ぶ。

  日暮れて春寒 冷冷として,
  温かき醪(さけ)を啜り、旅亭に酩酊す。
  肱を枕に横になり、鼾眠して夢を做(な)し,
  醉魂 玉洞に遊ぶ。

 金蕉葉 詞譜・雙調48字,前後段各四句,四仄韻 袁去華
  ○○●仄,▲○△、●○●仄。●△●、○○●仄,●○▲●仄。
  ●●○○●仄,●○○、●○●仄。●▲▲、○△●仄,●▲△●仄。
   ○:平声。●:仄声。
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   仄:仄声の押韻。(拙作は中華新韻八寒)

  金蕉葉には46字体もあるが、下記末句●●●●仄が難しくパスした。

 金蕉葉 詞譜・雙調46字,前後段各四句,四仄韻 袁去華
  ○○●仄,○○●、●○●仄。○●○○●仄,●○●●仄。
  ●●○○●仄,●○○、●○●仄。●●○○●仄,●●●●仄。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうだ櫻を詠もう 其四十八之二十五 寄調金蕉葉 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる