獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 葛飾吟社2017年3月度例会(2017.3.11)

<<   作成日時 : 2017/03/12 08:23   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 昨日(3月11日)は葛飾吟社2017年3月度例会。
 まず、江戸・明治の漢学者で勤皇の志士、そして詩人だった鹿山岡千仞の曾孫にあたる
岡真氏に、鹿山の業績についてお話しいただいた。
 幕末期は多くの志士が詩を残しているが、岡千仞は、仙台藩少数派の尊王派で
いつ殺されてもおかしくない幕末を生き抜き、志と學を貫き、詩を楽しんだ人。
 安閑として無事に生きてきたわが身を思いながら
 詩は人生を抜きにしては語れないと改めて思った。

 会員作品の合評のあと
 私からは
 4月発行の『梨雲』145号に、
 「春」にちなんだ詞を詠んでもらえればということで
 2月度例会に続き
 「春」という字の含まれている詞譜を更にいくつか紹介した。
 なお
 「春」という字の含まれている詞譜は『欽定詞譜』800余調のうち
 70数調ある。


=======
                        葛飾吟社20170311
         詞 譜 春関連

1      錦帳春・雙調60字,前段七句四仄韻,後段七句五仄韻 辛棄疾

  春色難留。酒杯常淺。把舊恨新愁相間。    五更風。千里夢。 看飛紅幾片。   這般庭院。
  △●○○,▲○△仄,●▲●○○△仄(一六)。●○○,○●●,●△○▲●(一四),▲○○仄。
  幾許風流。幾般嬌懶。問相見何如不見。    燕飛忙。鶯語亂。 恨重簾不捲。   翠屏天遠。
  ●●○○,●○○仄,●△●△○▲仄(一六)。●○○,○●仄,●△○▲仄(一四),▲○△仄。

      錦帳春・雙調60字,前段七句三仄韻,後段七句三仄韻、一疊韻 程珌

  最是春來。苦兼風雨。但只恁、匆匆歸去。看遊絲。都不恨。恨秦淮新漲。    向人東注。
  ●●○○,●○○仄,●●●、○○○仄。●○○,○●●,●○○○●(一四),●○○仄。
  醉裏仙人。惜春曾賦。卻不解、留春且住。問何人。留得住。怕小山更有。    碧蕪春句。
  ●●○○,●○○仄,●●●、○○●仄。●○○,○●仄疊●●○●●(一四),●○○仄。

2     玉堂春・雙調61字,前段七句兩仄韻、兩平韻,後段五句兩平韻 晏殊

  鬥城池館。二月春風煙暖。繡戶珠簾。日影初長。玉轡金鞍。繚繞沙堤路。幾處行人映漉k。
  ●○○仄,▲●△○○仄,●●○○,●●○平。●●○○,●●○○●,●●○○●●平。
  小檻朱欄回倚。千花濃露香。脆管清弦。欲奏新翻曲。依約林間坐夕陽。
  ●●△○○●,○○○●平。●●○○,●●○○●,△●○○●●平。

3     醉春風・雙調64字,前後段各七句,四仄韻、兩疊韻 趙コ仁 20141011

  陌上清明近。行人難借問。風流何處不歸來。悶。悶。悶。回雁峰前。戲魚波上。試尋芳信。
  ●●○○仄,○○○●仄。○○△●●○○,仄,仄疊仄疊△●○○,●○○●,●○○仄。
  夜永蘭膏燼。春睡何曾穩。枕邊珠淚幾時乾。恨。恨。恨。惟有窗前。過來明月。照人方寸。
  ●●○○仄,○▲○△仄。●○△●●○○,仄,仄疊仄疊○●○○,●○△●,●○○仄。


4     謝池春・雙調66字,前後段各六句四仄韻 陸游

  賀監湖邊。初繫放翁歸棹。小園林、時時醉倒。春眠驚起。聽啼鶯催曉。    歎功名、誤人堪笑。
  ▲●○○,△●●○○仄,●○○、○○●仄。△○△●,●△○○仄(一四),●△○、●○○仄。
  朱橋翠徑。不許京塵飛到。掛朝衣、東歸欠早。連宵風雨。捲殘紅如掃。    恨樽前、送春人老。
  ○○●●,●●△○○仄,●○○、○○●仄。○○△●,●○○○仄(一四),●○△、●○○仄。

5      番槍子(春草碧)・雙調75字,前段五句四仄韻,後段六句四仄韻 韓玉

  莫把團扇雙鸞隔。要看玉溪頭、春風客。妙處風骨蕭閑。翠羅金縷瘦宜窄。轉面兩眉攢、青山色。
  ●▲○●○○仄,▲●●○○、○○仄。●●△●○○,▲△○▲●○仄。▲●●○○、○○仄。
  到此月想精神。花似秀質。待與不清狂、如何得。奈何難駐朝雲。易成春夢恨又積。
  ▲▲●●○○,○▲●仄,▲▲●○○、○○仄。▲○△●○○,▲△△▲▲▲仄,
送上七香車、春草碧。
●●●○○,○▲仄。

6     魚游春水・雙調89字,前後段各八句,五仄韻 無名氏

  秦樓東風裏。燕子還來尋舊壘。餘寒猶峭。紅日薄侵羅綺。
  ○○○△仄,▲●△○○●仄。△○△●,△●▲○△仄。
嫩草方抽碧玉茵。媚柳輕窣黃金蕊。鶯囀上林。魚游春水。
▲▲○△▲▲△,▲●○▲○△仄。○●●○,△○○仄。
  幾曲欄杆遍倚。又是一番新桃李。佳人應怪歸遲。梅妝淚洗。
  ▲●○○●仄,▲●▲○○△●,○○△●○○,○○●仄。
鳳簫聲絕沈孤雁。望斷清波無雙鯉。雲山萬重。寸心千里。
●△△▲△△▲,▲●○○△△仄。○△●△,●○○仄。

7     一枝春・雙調94字,前段八句四仄韻,後段八句五仄韻 楊纘

  竹爆驚春。競喧闐、夜起千門簫鼓。流蘇帳暖。翠鼎緩騰香霧。
  ▲●○○,●○○、●●○○○仄。○○●●,●●●○○仄。
停杯未舉。奈剛要、送年新句。應自有、歌字清圓。未誇上林鶯語。
○○●●,●○●、●○○仄。○●▲、○●○○,●△●○○仄。
  從他歲窮日暮。縱闖D、怎減劉郎風度。屠蘇辦了。迤邐柳欺梅妒。
  ○△●○▲仄,●○○、●●○○○仄。○○●●,△●●○△仄。
宮壺未曉。早驕馬繡車盈路。    還又把、月夜花朝。自今細數。
○○●●,▲△●●○○仄(一六)。○●▲、▲●○○,●○●仄。

8     燕春台・雙調98字,前段十句五平韻,後段十一句五平韻 張先

  麗日千門。紫煙雙闕。瓊林又報春回。殿閣風微。當時去燕還來。
  ▲●○○,▲○△●,△○▲●○平。▲●○○,△○▲●○平。
五侯池館屏開。探芳菲、走馬天街。重簾人語。轔轔車幰。遠近輕雷。
▲○△●○平,●○○、▲●○平。△○○●,△○△●,▲●○平。
  雕觴霞灩。翠幕雲飛。楚腰舞柳。宮面妝梅。金猊夜暖。羅衣暗裛香煤。
  △○△●,▲●○○,●○▲●,△●○平。○○●●,△○●●○平。
洞府人歸。擁笙歌、燈火樓臺。下蓬萊。猶有花上月。清影徘徊。
▲●○○,●△○、△●○平。●○平,○●○▲●,△●○平。

9     絳都春・雙調100字,前段十句六仄韻,後段九句六仄韻 呉文英

  情黏舞線。悵駐馬灞橋。    天寒人遠。旋剪露痕。移得春嬌栽瓊苑。
  ○○▲仄,●▲▲▲△(一四),○△○仄。▲●▲△,△▲○△△○仄。
流鶯常語煙中怨。恨三月、飛花零亂。豔陽歸後。紅藏翠掩。小坊幽院。
△○△●○○仄,●△●,△○○仄。●○△●,△△▲▲,●○△仄。
  誰見。新腔按徹。背燈暗、共倚寶屏蔥蒨。繡被夢輕。金屋妝深沈香換。
  △仄,○○●●,●○●、●●▲○○仄。▲●▲○,△▲○○○△仄。
梅花重洗春風面。正溪上、參月轉。並禽飛上金沙。瑞香霧暖。
△○△●○○仄。●△●、△○▲仄。▲△△●○○,●○●仄。

10     錦堂春慢・雙調101字,前後段各十句,四平韻 司馬光

  紅日遲遲。虛廊影轉。槐陰迤邐西斜。彩筆工夫難狀。晚景煙霞。
  △●○○,○○●●,○○▲●○平。▲●○○△●,●●○平。
蝶尚不知春去。漫繞幽砌尋花。奈猛風過後。    縱有殘紅。飛向誰家。
▲●○○△●,▲▲△●○平。●▲○▲●(一四),▲●○○,△●○平。
  始知青春無價。歎飄零宦路。    荏苒年華。今日笙歌叢裏。特地咨嗟。
  ▲△○△△●,●○○●●(一四),▲●○平。△●△○△●,▲●○平。
席上青衫濕透。算感舊、何止琵琶。怎不教人易老。多少離愁。散在天涯。
●●○○▲●,●●▲、△●○平。●●○○▲●,△●○○,●●○平。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
谢谢学习资料。古人的词真美,读后口余香。
一地清愁
2017/03/13 09:47
小生も資料を作りながら学習しています。
獅子鮟鱇
2017/03/13 15:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
葛飾吟社2017年3月度例会(2017.3.11) 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる