獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 異口同音 異口同声 異口同韻 七言絶句と十七字詩と四七令と俳句と短歌

<<   作成日時 : 2017/03/03 09:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 異口同音:異なる人が同様の話をすること。見方、意見が完全に一致すること。  
 異口同声:同上。
 異口同韻:同上。
.
      七絶・異口同風韻      2017.03.02 -48496
.
  翁嫗一群求句穿,櫻雲盛涌繞湖邊。俳人異口同風韻,巧用季題吟聳肩。
  ○●○○○●平,○○●●●○平。○○●●○○●,●●●○○●平。
                ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻

  翁嫗の一群 句を求めて穿つ,
  櫻雲の盛んに涌いて湖邊を繞るを。
  俳人 口は異なれど風韻を同(とも)にし,
  巧みに季題を用ひ吟じて肩を聳やかす。

      十七字詩・異口同音     2017.03.02 -48497

  賞櫻花酒宴,佳人擅醉吟。老翁褒異口,同音。
  ●○○●●,○○●●平。●○○●●,○平。
     ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻。

  櫻の花を賞(め)づる酒宴,
  佳人 醉吟を擅(ほしいまま)にす。
  老翁 褒むること異口,
  同音。

 詞書:櫻の花を賞づる酒宴に佳人あり醉吟を擅(ほしいまま)にすれば
 俳句:老翁の褒むるや異口同音に

      四七令・異口同音      2017.03.02 -48498

  異口同音,贊揚神韻美人吟。
  ●●○平,●○○仄●○平。
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻九文平仄両用の押韻。

  異口同音に,
  神韻を贊揚(褒めそや)す
  美人 吟ずれば。

 短歌
  異なれる口に言葉を同じくし神韻褒めり美人の吟の

      四七令・異口同聲      2017.03.02 -48499

  異口同聲,遊人花徑贊山櫻。
  ●●○平,●○○仄●○平。
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻十一庚平仄両用の押韻。

  異口同聲に,
  遊人 花徑に
  山櫻を贊ふ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
求句穿,繞湖邊。
穿字,绕字,用得好。
一地清愁
2017/03/06 15:13
ありがとうございます。
求句穿、穿字で起承を繋げ、繞字で動きが出せたように思います。
獅子鮟鱇
2017/03/06 15:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
異口同音 異口同声 異口同韻 七言絶句と十七字詩と四七令と俳句と短歌 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる