獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ櫻を詠もう 其四十七之十五 寄調憶少年

<<   作成日時 : 2017/03/22 14:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

      憶少年・賞櫻雲吟競鶯囀   2017.03.22 -48615
.
  山湖瀲瀲,櫻雲靉靉,詩翁無恙。乘風艷雪舞,似蝴蝶飄蕩。
  坐野店、傾杯誇酒量,醉春光、且馳詩想。高歌擅平仄,競黄鶯放唱。

  山湖 瀲瀲として,
  櫻雲 靉靉たり,
  詩翁は恙なし。
  風に乘って艷雪舞ひ,
  似たり 蝴蝶の飄蕩するに。

  野店に坐し、
  杯を傾けて酒量を誇り,
  春光に醉ひ、且(まさ)に詩想を馳さんとす。
  高歌して平仄を擅(ほしいまま)にし,
  競ふ 黄鶯の放唱せると。

 憶少年 詞譜・雙調47字,前段五句兩仄韻,後段四句三仄韻 曹組
  ○○●●,○○●●,○○○仄。○○●●●,●○○○仄(一四)。
  ●●●、○○○●仄。●○○、●○○仄。○○●○●,●○○●仄(一四)。
   ○:平声。●:仄声。
   仄:仄声の押韻。(拙作は中華新韻十唐)
  (一四):前の五字句は上一下四に作る。
画像
  鮟鱇喜海暝,大抵昏昏睡。點火口前燈,奇魚鱗聚戲。  画:足柄金太郎

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
坐野店、傾杯誇酒量,醉春光、且馳詩想。
坐野店,醉春光,三字对得好,而且句子之间就像有了纽带,写得好。
一地清愁
2017/03/23 12:42
ありがとうございます。
三四,三四はよく見かけますが、三五,三四はあまりみません。しかし、これはこれで趣きがあるように思いました。
獅子鮟鱇
2017/03/23 17:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうだ櫻を詠もう 其四十七之十五 寄調憶少年 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる