獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ櫻を詠もう 其四十九之二 寄調月宮春

<<   作成日時 : 2017/04/05 14:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

      月宮春・春賞櫻雲試詩新   2017.04.05 -48718
.
  眼前湖面映櫻雲,雪花飛水濱。如蝶張翅舞繽紛,飄零泛碧淪。
  看到旗亭沽美酒,傾杯賞景暫遊魂。肆目紅霞有感,醉裁詩試新。

  眼前の湖面 櫻雲を映じ,
  雪花 水濱に飛ぶ。
  蝶の翅を張る如く舞って繽紛,
  飄零し碧淪に泛ぶ。

  旗亭の美酒を沽るを看るに到り,
  杯を傾け景を賞(め)でて暫く魂を遊ばす。
  紅霞に目を肆(ほしいまま)にして感あり,
  醉って裁く詩に新しきを試む。

 月宮春 詞譜・雙調49字,前段四句四平韻,後段四句兩平韻 毛文錫
  ●○○●●○平,△○▲●平。△○○●●○平,△○▲●平。
  ▲●△○○●●,○○▲●●○平。△●○○●●,●○○●平。
   ○:平声。●:仄声。
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   平:平声の押韻。(拙作は中華新韻九文)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
肆目紅霞有感,醉裁詩試新。
结句新颖。诗试新,shi—shi—xin,有些绕口,但很有趣。
一地清愁
2017/04/07 13:57
>shi—shi—xin,有些绕口,但很有趣。
 ありがとうございます。
 有些绕口、酔いどれの呂律が回らなくなって・・・
 とご理解ください。
獅子鮟鱇
2017/04/07 17:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうだ櫻を詠もう 其四十九之二 寄調月宮春 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる