獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ櫻を詠もう 番外 寄調黄鶯兒

<<   作成日時 : 2017/04/02 09:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 黄鶯兒・鸚哥轉生詩叟吟賞櫻雲 2017.04.02 -48700
.
  鸚哥張翼天晴朗,俯視山湖,滑動春風,穿入櫻雲,正堪欣賞。觀艷雪舞繽紛,亂墜浮清浪。轉生詩叟逍遙,覓句長年,清瘦無恙。
  當訪,古渡有旗亭,里婦斟佳釀。笑傾金盞,美醉黄昏,吟魂却老豪壯。宜試鼓擬唐舌,打扮詞華匠。肆目西嶺紅霞,摘句將高唱。
.
 鸚哥(インコ)天の晴朗なるに翼を張り,
 山湖を俯視(見下ろ)し,
 春風を滑動(すべ)り,
 穿ち入りたる櫻雲,
 正に欣賞するに堪ふ。
 觀(み)れば艷雪 繽紛として舞ひ,
 亂墜して清浪に浮く。
 詩叟に轉生して逍遙し,
 句を覓(もと)むること長年,
 清らかに瘦せ恙なし。
.
 當に訪ぬべきは,
 古渡に有る旗亭,
 里婦の佳釀を斟むなり。
 金盞を笑って傾け,
 黄昏に美醉すれば,
 老いを却(しりぞ)けて豪壯なり。
 宜しく試みに擬唐の舌を鼓し,
 詞華の匠の打扮(ふり)をすべし。
 西の嶺の紅霞に目を肆(ほしいまま)にし,
 句を摘み將に高唱せん。

 黄鶯兒 詞譜・雙調96字,前段十句四仄韻,後段十句五仄韻 柳永
  △○○●○○仄,▲●○○,○●○○,△△○○,▲△○仄。○●●●○○(一五),●●○○仄。●○○●○○,●●○○,○●○仄。
  ○仄,●●●○○,●●○○仄。●○○▲,●●○○,○○▲△○仄。○●●●○○(一五),●●○○仄。●▲▲●○○,△●○○仄。
   ○:平声。●:仄声。
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   仄:仄声の押韻。(拙作は中華新韻七尤仄声の押韻)
   (一五):前の六字句は,上一下五に作る。

詩詞170402・・ブログトーナメント - ポエムブログ村
詩詞170402・・ブログトーナメント

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
滑動春風,穿入櫻雲,正堪欣賞。
两处双字动词,用得很巧。
一地清愁
2017/04/03 14:49
ありがとうございます。
滑動春風、苦吟しました。滑動、これまでに使ったことがなく、不安でした。
獅子鮟鱇
2017/04/03 18:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうだ櫻を詠もう 番外 寄調黄鶯兒 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる