獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ櫻を詠もう 其五十之十 寄調惜分飛

<<   作成日時 : 2017/04/15 09:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

      惜分飛・吟賞櫻雲競鶯囀   2017.04.15 -48776
.
  白晝銀河流老眼,實是櫻雲繚亂。香雪飛湖畔,若蝶織錦清漣泛。
  呉儂軟語招茅店,賣酒充盈玉盞。美醉得靈感,聳肩吟競黄鶯囀。

  白晝 銀河 老眼に流れ,
  實は是れ櫻雲の繚亂せるなり。
  香雪 湖畔に飛び,
  蝶の錦を織るごとく清漣に泛ぶ。

  呉儂軟語(若い娘の声)茅店に招き,
  賣る酒 玉盞に充ち盈つる。
  美醉すれば靈感を得,
  肩を聳やかし吟じ競ふ 黄鶯の囀りと。

 惜分飛・雙調50字,前後段各四句,四仄韻 毛滂
  ▲●△○○▲仄,△●△○▲仄。▲●○○仄,●○△●○○仄。
  ▲▲△△○▲仄,▲●△○▲仄。△●○○仄,●○△●○○仄。
   ○:平声。●:仄声。
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   仄:仄声の押韻。(拙作は中華新韻八寒)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
白晝銀河流老眼,實是櫻雲繚亂。
实是二字,很巧。使句子变得柔和。
一地清愁
2017/04/18 12:13
>实是二字,很巧。使句子变得柔和。
 ありがとうございます。
 實是・・・日本語ではよく「実は」といいます。
 ここはその日本語感覚で詠みました。
獅子鮟鱇
2017/04/18 12:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうだ櫻を詠もう 其五十之十 寄調惜分飛 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる