獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ櫻を詠もう 其五十之二十一 寄調破字令

<<   作成日時 : 2017/04/18 07:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

      破字令・吟賞櫻雲競鶯囀   2017.04.17 -48789
.
  贅叟遊湖畔,鶴歩入、櫻雲繚亂。乘風香雪舞繽紛,落鱗淪瀲瀲。
  旗亭買酒盈金盞,洗紅塵、醉得靈感。聳肩日暮,歸程諷詠,競鶯鳴囀。

  贅叟 湖畔に遊び,
  鶴歩して入る、櫻雲の繚亂たるに。
  風に乘って香雪 繽紛と舞ひ,
  鱗淪の瀲瀲たるに落つ。

  旗亭に酒の金盞に盈つるを買ひ,
  紅塵を洗ひ、醉って靈感を得。
  肩を聳やかす日暮,
  歸程に諷詠し,
  競ふ 鶯の鳴き囀ると。


 破字令 詞譜・雙調50字,前段四句三仄韻,後段五句三仄韻 《高麗史・樂志》無名氏
  ●●○○仄,●●●、○○○仄。○○○●●○○,●○○●仄(一四)。
  ○○●●○○仄,●○○、●○○仄。●○●●,○○●●,●○○仄。
   ○:平声。●:仄声。
   仄:仄声の押韻。(拙作は中華新韻八寒)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
旗亭買酒盈金盞,洗紅塵、醉得靈感。

读到—醉得灵感—后,很期待着是什么样的灵感,思怀。
但却没有着笔。一下子跳到了归程,

聳肩日暮,歸程諷詠,競鶯鳴囀。

耸肩+日暮,归程+讽咏,这是诗词的特质。倒换。
一地清愁
2017/04/18 09:41
ありがとうございます。
>但却没有着笔。
 灵感と歸程の間の飛躍は、確かに度が過ぎていますね。
 灵感が強すぎますね。再考します。
 
獅子鮟鱇
2017/04/18 12:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうだ櫻を詠もう 其五十之二十一 寄調破字令 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる